サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[ピヴォチャン2015]グリーンヒルズ緑山フットサルパーク予選は不知火蹴球会の5人兄弟が大活躍!

優勝が確定した珠運間こぼし突きあがる優勝が確定した瞬間、不知火蹴球会のメンバーは拳を突き上げた!
 

1_優勝__不知火蹴球会見事優勝した不知火蹴球会。

 

2_準優勝_AOKING準優勝、AOKING。

 

フェニックスヨコハマA第3位はフェニックスヨコハマA。

 

バディフットッサルクラブバディフットッサルクラブ。

 

『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! F-CHANNEL Pivo! Champion's Cup 2015』関東7大会
2015年4月29日(日)東京都・グリーンヒルズ緑山フットサルパーク
http://www.ghfutsal.jp

特別協賛:エフチャンネル http://f-channel.net
協賛:株式会社ロンヨンジャパン http://www.longyong.jp
株式会社ユーロプラスインターナショナル http://www.europlus.jp
主催:デジタルピヴォ! http://pivo.co.jp

 

▪️大会結果
結果表

 

▪️マッチレポート
レジェンドチーム闘魂予選敗退

今大会は、6チームと5チームという変則的なグループ構成で予選リーグが行われ、各グループ上位2チームが決勝トーナメントへと駒を進めた。昨シーズン、決勝戦に進出した元日本代表選手・難波田治率いる"レジェンドチーム"闘魂はお馴染みの炎のようなユニフォームで参戦したが予選敗退。このことが象徴するように大会はピヴォチャン予選ならではのレベルの高さをうかがわせた。ユニークだったのはここ緑山の個サルでエンジョイしているプレーヤーたちがLOONというチームを組んで参戦、2勝1分け1敗と健闘したばかりか、最終戦で勝っていれば決勝トーナメント進出という夢まであと一歩というハプニングもあり、会場を沸かせた。戦前の予想では、優勝候補の筆頭は神奈川県リーグ1部の強豪、フェニックスヨコハマ。チーム再編期にべテランが大挙チームを離れたことから経験値の低い若手主体位のチームは思わぬ苦戦を強いられたが、それでも3位と結果を出した。決勝に進出したのは知名度抜群のAOKINGと、八王子リーグで奮闘中の不知火蹴球会。両者一歩も譲らず熱戦を繰り広げたが、不知火がエースの決定力で勝利を引き寄せた。AOKINGは今一歩のところで涙を飲んだ。優勝が決定した瞬間、喜びを爆発させた不知火のメンバーたち。この感動を全国大会でも体現してほしいものだ。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

▪️模様

闘魂×フェニックスAとの開幕戦

 

準決_バティ×不知火_1

 

準決_不知火×AOOKinG

 

決勝戦:不知火×aaaaaaaoking

 

スクリシアビアな決勝戦

 

▪️優勝選手のコメント
不知火蹴球会のエース、5男・林哲五郎くん
「僕らは5人兄弟でプレーしてます。一番上が、監督権選手のユウイチロウ、その次がこのキーパーで次男のジョータロー。3男は今日来てないですけどダイザブロー、4男がキャプテンんのチュータローです。で。5男が自分で哲五郎です。ピヴォチャンの全国大会は関東リーグの強豪が相手ですが、チーム方針として3つ決めてることがあります。それをやってくことと、気持ちで折れないことです。え、その3つ? それは秘密です(笑い)。エースといわれる以上、全国大会でも今日のように1試合に最低1点は決めて、自分の決めどこを徹底して攻めます」

次男のゴレイロ/ジョータローくん
「(タイムアップ寸前のキミのロングスローが相手に当たって決勝点になった。すごいライナー性のボールだったが)最後に見せようと取って置きした(笑)」(いやあ、5人そろい踏みの全国大会を楽しみにしています!)

 

▪️大会を盛り上げてくれた参加チームの皆さん(上記4チームを除く/撮影順に掲載しました)

闘魂 闘魂。

GNPKGNPK。

KOBAKOBA、

LOONLOON

NaturezaGrandeNaturezaGrande。

フェニックスB。フェニックスヨコハマB。

宇宙戦艦田代宇宙戦艦田代


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント