サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【コートのマドンナ】Forest ANNEX 鈴木明理選手

Pivomadonna05003.jpg今回は東京都女子フットサルリーグForest ANNEX所属の背番号15番鈴木明理(あかり)選手です。

今日の都リーグは残念ながら引き分けで対戦相手のCAFURINGAの優勝が決定してしまいました。

鈴木:うちのペースで押していた時間帯もあって、チャンスも多かったんですが決めきれなかったというのが残念だったです。練習ではできていたプレーも試合になると硬さが出てしまったのかなと思います。

今季リーグ戦で負けは無いのですが、引き分けが3つあるというのが決めきれない結果と言えますでしょうか

鈴木:そうですね、点を取られても、点を決められる力があれば勝てたと思います。

Pivomadonna05001.jpg昨年は関東参入戦に東京都から2チーム出場しました。今季の参入戦の要項はまだ出ていませんが、2位を確保したい所ですね。

鈴木:はい、残り1試合をしっかり勝って何とか2位でリーグ戦を終えたいと思います。

Pivomadonna05002.jpg元々フットサルを始めたきっかけは何だったのでしょう?

鈴木:小さい時から高校まで部活やクラブチームでサッカーをしていました。高校卒業してからプレーもする機会がなくなったのですが、友人に誘われてフットサルを はじめたところ、魅力にとりつかれてしまいました。もう少し真剣にやりたいなと思い始め、今所属しているForest ANNEXに入りました。

鈴木選手にとってフットサルの魅力とはなんでしょう。

鈴木:サッカーよりも多くボールを触れるところですかね。あといろいろ考えながら動くところです。私は全然うまくできませんが(苦笑)。見ている時は相手を欺いたりするプレーは面白いなと感じます。

Pivomadonna05007.jpgフットサルを続ける上で苦労されている所はありますか?

鈴木:週に2~3回練習があるので体力を維持するのが大変です。体力に余裕がある時は器具を使ったトレーニングもしますが、仕事が忙しい時期には練習に行けない時もあり、体力を落とさないように気を遣います。

今季は夏場に怪我をされていたようですが

鈴木:足首を怪我していました。両足の足首の痛みが少し慢性化している所もあり、怪我と付き合いながらの状態です。でも長く楽しくフットサルをしていきたいなと思っています。

Pivomadonna05006.jpgご自身のこんなプレー見て欲しいというポイントはありますか?

鈴木:シュートが持ち味だと思っているのでやっぱりシュートだと思います。

確かに女性で第2PKを決めたのは私が取材、観戦した中でも鈴木選手だけです。

鈴木:そんな事もありましたね(笑)あれはまぐれだと思います。

最後に一言お願いします。

鈴木:私の所属するForest ANNEXは一人一人が優しくてお互いを思い合っているチームです。私の中ではとても大切にしているので是非応援していただきたいなと思います。

※12/16(日)東京都女子フットサルリーグ第12節にて

▼過去の「コートのマドンナ」→コチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント