サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

アジア選手権B1クラス、中国相手にPKで敗れアジア王者奪還ならず

アジア選手権(B1クラス)の決勝が行われ、日本は中国にPKで敗戦し、アジア王者奪還はならなかった。

[メディアリリース]アジア選手権 決勝で日本はPK戦で中国に惜敗 ~8年ぶりのV逃し 中国が4連覇~(JBFA公式)

以下、プレスリリースより

日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区・理事長 釜本美佐子)は、2013年5月20日(月)から27日(月)の8日間、中国・北京にて開催中の「第5回 IBSAブラインドサッカー アジア選手権大会」にB1(全盲)クラス日本代表チームを派遣しております。
最終日の26日、中国・北京で決勝が行われ、日本は北京パラリンピック銀メダルの中国に延長まで0-0と粘りましたが、7人目までもつれたPK戦で2-3と敗れ、8年ぶりのアジア王座奪還はなりませんでした。中国は4連覇を果たしました。

緊迫した攻防が続き、延長を終えても決着はつきませんでした。PK戦で、日本、中国とも1人目と4人目で成功し、7人目で先攻の中国が決めましたが、日本は失敗しました。

●魚住稿監督
「勝利を握りかけて、すり抜けたような感じ。PKもあと一歩のところだった。事前のプラン通り、選手たちは相手の攻めをとことん耐え忍んだ。数回のチャンスをつくれたものの、中国は甘くなかった。ただ、チームとしては出せるものは全部出したし、やってきたことは間違いじゃないと思った。アジアチャンピオンを本気で目指してきて本当に目いっぱいやったが、世界を目指してまだまだやっていかなければならない。本当に応援ありがとうございました」

●落合啓士主将
「悔しい。自分がPK戦で決めていれば勝てたし、流れの中でシュートも打てなかった。チームとしてしっかり守れたのは、みんなの自信につながるかもしれないけれど、やっぱり点を取らないといけない。自分たちの型はできてきていると思うが、結果が示す通り、チームはまだまだ未熟。主将としても、ピッチの中でも外でも何もできていない」

尚、日本選手団は27日(月)午後2時ごろ、成田空港に到着予定です。

●「第5回 IBSAブラインドサッカー アジア選手権大会」開催概要
1.大会名:第5回 IBSAブラインドサッカー アジア選手権大会 5th IBSA Asian Blind Football Championships (B1)
2.開催地:中国・北京
3.出場国:中国、韓国、日本
4.会場:China Administration of Sports for Persons with Disabilities (CASPD)
5.主催:National Paralympic Committee of China (中国パラリンピック委員会)
6.日程:23日(木) 中国0-0韓国
        24日(金) 日本2-0韓国
      25日(土) 日本0-2中国
        26日(日) 中国0-0(PK 3-2)日本(リーグ戦の上位2チームによる決勝)
7.最終成績:優勝 中国(大会4連覇)、2位 日本、3位 韓国


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント