サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

フットサル日本女子代表、国内で初の国際親善試合を勝利で飾る

image

 

[ 国際親善試合 ]
2014年12月20日(土)グリーンアリーナ神戸(兵庫県)
フットサル日本女子代表 3-1 フットサルチャイニーズ・タイペイ女子代表

 

フットサル日本女子代表にとって、国内では初となる国際親善試合が12月20日にグリーンアリーナ神戸で開催された。
この歴史的な一戦に多くの女子フットサルファンも会場に足を運び、会場は熱気に包まれた。

 

image会場となったグリーンアリーナ神戸。

 

image対戦相手のチャイニーズ・タイペイ女子代表。

 

試合は、GK#1山本、FP#4春山、#5小出、#7吉林、#9関灘のセットでスタート。
開始から固さが目立つ日本は細かいパスワークでペースをつかみたいところで単純なパスミス、トラップミスを繰り返して攻撃の手が止まってしまう場面が続く。
対するチャイニーズ・タイペイは守備を固めて、ボールを奪えばロングボールをすぐに前線に送って対抗。
球際の強さで勝るチャイニーズ・タイペイはその戦法を徹底し、日本陣内に入れば思い切りのいいドリブルを仕掛けて日本を脅かし始めると前半2分に#3江が単独でドリブル突破。
GK山本がいったんは止めるもこぼれ球を争いゴール前で混戦になると再び江が押し込み先制ゴールを挙げる。

 

imageチャイニーズ・タイペイ、江が執念でゴールを奪う。

 

ここでセットを変えた日本はその後も自分たちのミスで攻撃の手を止めてしまう場面が続く。世界女子フットサルトーナメントから帰ったばかりというのもあり、動きも重いように見られた。

 

imageチャイニーズ・タイペイのドリブルが日本を脅かす。

 

細かくセットの入れ替えを行いながら相手陣内でパスを回すも最終的には前を向かせないチャイニーズ・タイペイの徹底した守備に苦しみ、決定的な場面まで進めずに同点にできないまま時間は過ぎていく。

 

image#14加藤がドリブルで攻めるも素早く囲まれてしまう。
続きは フットサル日本女子代表、国内で初の国際親善試合を勝利で飾る(デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント