サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[代表合宿]田中俊則(府中アスレティックFC)「リーグでアピールすればまた次があると信じてやるだけ」

ea811fb2a1a2b02f42437d1b26294b43-650x443.jpg

2日目、アップ替わりのゲームで体をほぐす田中。初招集の緊張もほぐれてきた。

 

GK 田中俊則 TANAKA Toshinori 府中アスレティックFC
1985年10月12日生まれ 三重県出身 178cm/82kg
前所属チーム:デウソン神戸

 

巡り合わせ

 

スポーツ選手が陽の当たる場所に出るかどうかは、人との巡り合わせが大きいと感じる。昨シーズンの府中アスレティックFCにおいて伊藤監督のもとで目立つゴレイロは村山だった。しかし今シーズンその監督とゴレイロがバサジィ大分に移籍し、谷本監督が就任するのと併せて田中俊則が当然のごとく正ゴレイロとして頭角を表し、前期で特に失点の少ない堅守のチームを最後尾で支えた。その田中を谷本監督は「代表クラスの選手」と就任直後から一貫していい続けていたが、今回の初招集はそれを証明する形となった。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

ゴレイロとして止めるだけ

 

Pivo! キミの初招集のニュースを聞いて、ようやく呼ばれたかという印象を受けたが、キミ自身はこの招集の知らせをどんな気持ちで受け止めた?

 

田中 実際に呼ばれて、ほんとにうれしかったし。周りからは、いつかいつかっていわれてきたんですけど、そこは自分のペースで、リーグで結果を出し続けていればいつか呼ばれるだろうと、いうのはあったんで。まずはチームの一員としてリーグにこだわって、代表ああだこうだじゃなくて、リーグで結果を出すことだけを考えて過ごしてました。

続きは[代表合宿]田中俊則(府中アスレティックFC)「リーグでアピールすればまた次があると信じてやるだけ」(2013/12/23)(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント