サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第21節]ぺスカドーラ町田・岡山孝介監督「日根野谷も滝田もよく戦ってくれました」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第21節
ペスカドーラ町田 4-8 シュライカー大阪
2016年11月23日(水・祝) 町田市立総合体育館 観客数:1,725人
[得点経過]
0-1 04分01秒 大阪 10 ヴィニシウス
0-2 08分43秒 大阪 5 アルトゥ―ル
0-3 22分10秒 大阪 11 チアゴ
1-3 22分59秒 町田 6 本田真琉虎洲
1-4 25分09秒 大阪 10 ヴィニシウス
2-4 25分58秒 町田 11 室田祐希
3-4 26分21秒 町田 2 日根野谷建
3-5 30分29秒 大阪 10 ヴィニシウス
3-6 31分51秒 大阪 5 アルトゥ―ル
3-7 34分54秒 大阪 11 チアゴ
3-8 37分14秒 大阪 10 ヴィニシウス ※第2PK
4-8 37分31秒 町田 13  中井健介

 

37:14 町田 6 本田真琉虎洲 退場

4位でホーム8連勝中のぺスカドーラ町田(以下町田)と首位で(試合前)13連勝中であったシュライカー大阪(以下大阪)。
町田は大阪の連勝をストップすることはできずに大阪は14連勝となる。
今シーズンホーム8連勝(全勝無敗)記録がついに途絶えてしまった町田。

 

 

 

本田真琉虎洲選手・ 室田祐希選手・日根野谷建選手のゴールで一時は3-4となったものの、その後、大阪にもう1度ギアを入れられる。また、パワープレイ返しに本田真琉虎洲選手のレッドカードにより大阪に第2PKのチャンスを与え、3-8と突き放される。

中井選手のバックヘッドで1点を返すものの、反撃はそこまでで、4-8と町田は大阪に敗退となる。

ケガにより欠場中である金山友紀選手に代わり今節もゲームキャプテンをつとめた日根野谷選手は記者会見でホームのサポーター・ファン・関係者に勝利を見せれなかったことに対し、悔しさを吐露した。
一方で岡山監督は負けた中でも後ろの選手はよく戦ってくれたと選手をたたえた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

以下は、岡山孝介監督日根野谷建選手の記者会見と質疑応答。

試合を振り返って。

岡山孝介監督
「お疲れ様です。全体的にやろうとしていたことができていた部分もありました。その中で要所を抑えられなくて、本当に少ないチャンスでも確実に決めてくる選手が大阪は多いので、そういったところを抑えきれなかったのと、あとは、後半にいい流れに持っていったときもちょっと簡単に失点してしまって、流れをつかむことができなかったのでその辺りが敗因かなと思います」

日根野谷建選手
お疲れ様です。先週アウェイで勝って、いい形でホームで勝ちたかったのですが悔しい結果に終わりました。応援してくださった皆様のためにもホームで勝ちたかったですが、自分たちの力不足でした。またすぐ試合はあるので頑張っていきたいと思います

 

以下は質疑応答となる。

Q:シュライカー大阪対策でやろうとしていたところについて。

岡山:ピヴォへのパスラインをどうやって切るのかが1つです。そこは十分ではないです。うまく入れられてしまった場面も多々ありました。後ろの選手の駆け引きの部分であったり、1対1の部分。全体的に日根野谷も滝田も後ろに入ることが多いですが、よく戦ってくれたと思います。はがされた部分もありますが許容範囲内ですし、ある程度守れたのではないかなと思っています。

Q:外国人選手への対応について。

岡山:外国人選手もすごいですが日本人もいい選手が多いです。特に彼らのいいところは、先手を取ったり、カウンター含めて、数的優位になったときに確実にシュートまで持っていくこと。シュートの確率がすごく高いところが強みではないかなと思います

Pivo!:前回大阪ホームでの試合のときは5-3で敗退しましたが、そのときはチアゴ選手のループシュート・ミドルシュートにやられたシーンはありました。今日の試合、本当に入りの序盤(の序盤)はそこの警戒というか、対策が出ていたように感じましたが、その点は選手に強く伝えたのですか?

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第9節
シュライカー大阪 5-3 ペスカドーラ町田
2016年8月10日(水) 大阪市中央体育館 観客数:1,864人
[得点経過]
1-0 00分22秒 大阪 12 小曽戸允哉
2-0 07分58秒 大阪 11 チアゴ
2-1 11分16秒 町田 3 森谷優太
3-1 13分19秒 大阪 11 チアゴ
3-2 16分54秒 町田 9 横江怜
4-2 19分17秒 大阪 10 ヴィニシウス ※第2PK
4-3 39分23秒 町田 7 金山友紀
5-3 39分51秒 大阪 11 チアゴ

 

岡山:そうですね。強くはいってないですけど、いいました。前回やったときは滝田がやられるシーンが多かったけれど、今日は1対1で勝っているシーンも多く、意気込みも強かったと思います。後ろの選手はよく戦ってくれたのではないかなと思います。

Q:今シーズン限りで引退する甲斐選手ですが、パワープレーゴレイロもしていましたが、残りの試合で期待するところは。

岡山:そうですね。ほかの選手に出すことはできないパスが出せますし、落ち着いてゲームをつくったりだとか、独特のリズムを持ってプレーができるのでそういったところで、攻撃に変化をつけてほしいなと思って起用しています。攻撃的な選手なので、負けていたり、点を獲りたいときに必要になってくるので、攻撃のスイッチを入れてほしいなというところに期待しています。

Q:森岡選手と甲斐選手が一緒に出ている時間もありましたが、それも大阪対策ですか?

岡山:そうですね。ピヴォ当てもうまいですし、どのセットのときに点が入っているとかも重視しているので、少しずつ追い上げた時間帯で彼(森岡選手)がピッチにいることも多かったのでそういったことも考えての起用でした。ただ、クアトロでやっているときも裏へのパスだったりとか、ほかの選手にはないものがあるのでそこも期待してますし、いろいろなメンバーでセット組んで練習はしているので誰と組んでも問題ないとは思っています。

以下は岡山孝介監督の個別インタビューとなる。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/24/post30542/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント