サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第18節]バルドラール浦安・加藤竜馬選手「代表に4年後にしっかり残るためにはしっかりチームで結果を残さないといけないというところも意識しています」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第18節
バルドラール浦安 5-3 ペスカドーラ町田
2016年11月7日(月)  浦安市総合体育館 観客数:843人
[得点経過]
1-0 14分48秒 浦安 8 加藤竜馬
2-0 18分43秒 浦安 8 加藤竜馬
2-1 22分58秒 町田 8 滝田学
3-1 27分01秒 浦安   オウンゴール
3-2 30分33秒 町田 10 森岡薫 ※PK
3-3 34分50秒 町田 10 森岡薫
4-3 35分36秒 浦安 6 荒牧太郎
5-3 37分20秒 浦安 12 藤原潤

 

「前に前に行くのが自分の持ち味ですし、チームの中心として出ている以上、毎試合毎試合自分の持ち味を出さないといけないですし、去年はプレーオフに行けずに悔しい想いをしました。今年はなんとしても行きたいです」と代々木セントラル・開幕戦後、バルドラール浦安のエース・加藤竜馬選手は強い気持ちを吐露した。
現在7位のバルドラール浦安はプレーオフ圏内5位に順位を上げたこの試合。エース加藤の2ゴールの活躍もあり、4位であり、第1クールは敗れたぺスカドーラ町田から勝ち点3を手にした。

記者会見で米川監督はゴールに絡んだ野村啓介選手と加藤竜馬選手の相性について以下のように語った。
「(野村)啓介と(加藤)竜馬に関しては、デウソン神戸戦でも、彼らのピヴォ当てから決めていますが、攻撃面もそうですが、何が1番いいかというと、守備面においての、マークの受け渡しのスムーズさがかなりよくなってきています。啓介も竜馬も前のほうでチェスも前のほうで、そこのその守備時でのスムーズさが攻撃面でも結びついているのかなという印象はあります。中断期間前の最後の試合(バサジィ大分戦)では、深津がいなくて(中島)孝が退場でいなくて、誰をどう組ますかというのが正直ブレていて、案の定、結果に出たなというところで、改めて、外国人2人にも浦安はこういうフットサルをしてますよと1から伝えて、またチームでハードワークをしっかりとしようということを改めて徹底しました。逆にシーズン前にやっていた新しいことはやめて、もっともっと2年間やってきたことを伝えたことがすごくよかったのかなと思います」

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

以下は加藤竜馬選手の個別インタビュー。

Pivo!:2ゴールを振り返ってください。

 

加藤:1点目は裏にいいボールが出て、それを(野村)啓介に1回預けてワンツーするところで、しっかり走り切れたのが大きいですし、2点目も細かいところでつなげて、裏に抜けて、パスが来たのでインサイドキックで流し込むだけでした。

 

Pivo!:2点目は股を抜けましたね。

加藤:ゴレイロが出て来ていたのがわかったので、股が通れば絶対入ると思ったのでインサイドキックでしっかり狙いました。狙いどおりのところをボールが通ってくれました。

Pivo!:試合を振り返って。

加藤:ディフェンスを前から仕掛けれているときは町田さんも相当苦しんだと思います。逆に押し込まれたときに押し返す力をもっとつけていかないといけないかなと思います。

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/22/post30371/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント