サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第16節]府中アスレティックFC・完山徹一選手「戦術よりも1点にかける集中力」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第16節
府中アスレティックFC 2-0 フウガドールすみだ
2016年10月29日(土) 郷土の森府中市立総合体育館 観客数:1,029人
[得点経過]
1-0 09分10秒 府中 5 皆本晃
2-0 37分10秒 府中 25 完山徹一

 

 

 

中断明け3試合目となったこの試合。
府中アスレティックFC(以下府中)は中断明け7戦の結果は4勝2分1敗。
府中にとって波に乗るための大事な一戦であった。
府中2点目のゴールを決めた完山選手はこの試合にかけた思いを語ってくれた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は完山徹一選手の個別インタビュー。

Pivo!:ダメ押しのゴールを決めました。

完山:ダメ押しのゴール(笑)!?! ははは。ダメ押しましたね。いいボール来ました。ずっと押し込まれていました。前がかりにずっとなっていたのでチャンスをずっと狙っていました。フウガの足が止まりましたね。そこを見逃さなかったです。攻められている時間は長かったですが、攻撃を受けながらもどこかでいかないと思っていましたが、いいところで小山 (剛史)がいいパスをくれました。シュートは落ち着いて決めることができました。

Pivo!:試合を全体振り返って。

完山:押し込まれていた時間が長いというのがありますが、その中でも継続して取り組んでいることをやらないといけない部分とフウガに前回4-0で負けているのでなんとか点を獲らないといけないということ。それだけですね。2-0で結果的にシャットアウトできました。本当はあと2点獲って同じスコアにはしたかったですけど。前回と違って結果は拾えたかなという感じですね。

Pivo!:やはり前回(第5節)の4-0という気持ちは残るものですね。

完山:というより、我々はそのときは勝っていたので。府中にしては珍しく、開幕勝っていた中での敗戦でした。その後に(第6節で引き分け、第7節で勝利の後に第8節から)5連敗しました。今日はいいきっかけになれればよかったと思います。あとはやられたという思いもあったのでやり返さないといけないなという。それはフウガさんに対してどうではなくて、試合に対して。我々の、府中として。ホームですし、いいフットサルを見せたいなという。この前は力負け4-0でした。そこは納得してませんでした。

Pivo!:そういった強い思い・意識があってチームが1つになれば結果は出ますね。

完山:あとはトレーニングやっていることも結びついて、あとはフウガさんの流れもあるでしょうし、前回大阪に大敗してという流れもあったでしょうし。

Pivo!:体感としてはいつものフウガでしたか?

完山:はい。変わらなかったと思います。だから勝って自信になりました。相手が調子悪くてではなかったので。内容は完全ワンサイドとは思いません。ただ今冷静ではないのでそこまで分析はできていませんが。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/22/post30425/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント