サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[第22回全日本フットサル選手権大会 決勝]シュライカー大阪・村上哲哉選手「悔いなく選手生活を終えられたなというほっとした気持ちです」

 

第22回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド 決勝
フウガドールすみだ(Fリーグ・東京都) 2-7 シュライカー大阪(Fリーグ・大阪府)
2017年3月20日(月) 国立代々木競技場第一体育館(東京都) 観客数:3,228人
[得点経過]
1-0 2分 すみだ 14 西谷良介
2-0 3分 すみだ 6 宮崎暁
2-1 4分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-2 10分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-3 17分 大阪 5 アルトゥ―ル
2-4 23分 大阪 11 チアゴ
2-5 30分 大阪 11 チアゴ
2-6 38分 大阪 5  アルトゥ―ル
2-7 40分 大阪 11 チアゴ

 

 

シュライカー大阪を長年引っ張ってきた村上選手。
選手である以上、出場機会が減ることにもちろん葛藤はあった。
しかし、その中でも腐らずに最後までチームのために自分ができることを貫いた。
最後2つのタイトルを取れたことで村上選手は有終の美を飾り、選手生活に終止符を打つ。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は大会優勝・シュライカー大阪・村上哲哉選手囲みインタビュー。

Pivo!:終わった瞬間何を考えましたか?

村上:終わった瞬間ですか。今日は試合に入る前からこの9年間のいい思い出。苦しかったときの思い出といろいろな思い出が駆け巡りました。最高の形で終われたので、悔いなく選手生活を終えられたなというほっとした気持ちです。

Pivo!:2つのタイトルを取りました。今の率直な気持ちを教えてください。

村上:もう最高ですね。選手キャリアの集大成でリーグタイトルと選手権での優勝。このキャリアで退く選手はなかなかいないと思うのでそういう意味で本当に最高です。幸せです。

Pivo!:全日本選手権に対しては思い入れのある大会であると話されていました。

村上:リーグとは違って、モチベーション的に難しい大会ではありましたが、僕含め何人かの選手が選手権で退くということでもう1回チームで優勝カップを掲げようという話はしていましたので最後まで1つになってリーグと同じモチベーションで戦えたかなと思います。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/03/21/post34209/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント