サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

フットサル・スペインカップが7試合有料インターネットライブ中継

2012-12-15FCBALUSPORT-ELPOZOMURCIAFS0156163568961.jpg写真キャプション:スペインカップを連覇しているバルセロナ。バルセロナの3連覇をキケ(写真右)を擁するエルポソ、そして今大会開催地をホームとするインテルが食い止めることができるのか。

2月21日から24 日までスペインカップがマドリッド郊外のアルカラデ ヘナレスで開催される。準々決勝から決勝まで7試合。スペインリーグでは初めての試みとして有料インターネットライブ中継を行う。世界中どこからでもスペインカップの試合をライブで堪能することができる。7試合で3,90 ユーロ(約483 円)でスペインリーグ公式サイト(www.lnfs.es)で配信、販売をしている。スペインリーグサイトにはスペイン語のほかに英語のページもあるので、興味がある方はぜひチェックしてください。

●スペインカップ対戦スケジュール
2013 年2月21 日19 時(日本時間2月22 日3時) リオスレノバブレスリベラナバーラ×サンティアゴ
2013 年2月21 日21 時15 分(日本時間2月22 日5時15 分) サラゴサ×バルセロナ
2013 年2月22 日19 時(日本時間2月23 日3時) トゥリマンナバーラ×エルポソ
2013 年2月22 日21 時15 分(日本時間2月23 日5時15 分) インテル×セゴビア
2013 年2月23 日18 時(日本時間2月24 日2時) 準決勝第1試合
2013 年2月23 日21 時15 分(日本時間2月24 日5時15 分) 準決勝第2試合
2013 年2月24 日20 時45 分(日本時間2月25 日4時45 分) リオスレノバブレスリベラナバーラ×サンティアゴフットサル

●スペインカップとは?
スペインカップ(Copa de Espana:コパデ エスパーニャ)は毎年2月、3月頃に行われるスペインリーグのカップ戦だ。毎年、ひとつの開催地にレギュラーシーズンのちょうど半分、13 節終了時点で上位8チームが集まり、タイトルを争うトーナメント戦である。
もし開催地に1部リーグのチームがあれば、そのチームは15 節終了時点での順位に関係なく開催地枠としてスペインカップに出場。この場合はそのチームが上位8チームに入っていなければ、1位~7位+開催地のチームの計8チームで大会は行われる。
大会は木曜日から日曜日にかけて行われる。スケジュールは初日となる木曜日に準々決勝2試合、金曜日に準々決勝残りの2試合、土曜日に準決勝2試合、日曜日に決勝1試合。
ひとつの開催地にトップリーグの上位8チームだけが集まりタイトルを争うこの大会方式は日本のオーシャンアリーナカップに似ている。
スペインカップはスペインリーグと同じ1989-1990 シーズンから始まっている

●スペインリーグとは?
スペインリーグ(LNFS)は1989-1990 シーズンに同国で始まったフットサルの全国リーグ。ブラジル、ロシアと並ぶ世界最高峰のリーグのひとつ。
2012-2013 シーズンは1部14 チーム、2部14 チームで行われ、1部は全チームがプロフェッショナルだ。
1部はリーグを連覇しているバルセロナ(サッカークラブのFC バルセロナのフットサル部門)、そしてタイトルを最も多く獲得しているインテル、スペインを代表する名門エルポソの強豪3チームを中心に動いている。
同国代表チームは2000 年、2004 年にワールドカップを連覇している。その栄華の背景には世界最強の国内リーグの存在があった。ブラジル人を中心に世界各国から優秀な選手が集まり、リーグの競争力は高く、スペイン人選手はその舞台で切磋琢磨していた。
スペインリーグでプレーした日本人選手は岩本昌樹(現バルドラール浦安)、木暮賢一郎(現名古屋オーシャンズ)、鈴村拓也(現デウソン神戸)、小野大輔(現湘南ベルマーレ)、星翔太(現バルドラール浦安)らがいる。木暮は2005-2006 シーズンにスペイン2部ナサレノに所属し、35 得点を記録。鈴村は外国人ながら、2部バルガスのキャプテンを務めた。昨季は1部リーグのプエルトジャーノに皆本晃が所属し、2部マルトレールでは鈴木隆二がプレーをしていた。現在は荒牧太郎、原章展が2 部のカルタヘナに所属している。

●注目選手は?
タイで行われた2012 年ワールドカップ。決勝戦で延長戦の末、ブラジルに敗れたがその舞台に立った選手がスペインリーグには数多くいる。
ワールドカップでシルバーボール受賞(記者投票2位)したスペイン代表のキケ。彼はエルポソに所属するフィクソだ。エルポソの13 番はピッチ後方でゲームをコントロールし、その正確なキックで得点を奪う。まるでコートを上から見下ろしているのではないかと思うくらい視野が広く、持ち前のキャプテンシーでチームをまとめる。世界最高の選手のひとりだ。
エルポソの7番、スペイン代表アタッカー、ミゲリン。白髪の左利き。その高速ドリブルと体を思い切りしならせた後に放つシュート。その姿はまるで銀色の狼のようだ。今、スペインで最も危険なアタッカーだ。
バルセロナに所属するリンとセルヒオロサノ。ワールドカップの舞台でも躍動した彼らは今後のスペインを担う存在だ。バルセロナの8番はボールのないところでの動きが逸材。テクニックはもちろん高いがフェイク、駆け引きが抜群にうまい。セルヒオロサノは迫力のあるドリブルと破壊力抜群の思い切りのいいミドルシュートが魅力。バルセロナの9番をつける彼の豪快なプレーはフットサルの醍醐味を教えてくれる。
インテルの16番、ゴレイロのファンフォ。スペイン代表の守護神でもある彼はそのセーブで観衆を思わず立ち上がらせることができる選手だ。シュートが決まったと思った相手チームのサポーターをがっくりさせ、インテルのサポーターを安堵させる。そんな決定的なセーブを何度もやってのける今世界で最も優秀なゴレイロのひとりだ。


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント