サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【デジタルピヴォ!注目の若手】スペインリーガー山下裕生インタビュー その1

ffa3f7a864caf5188b7b0719635341bd.jpgウィンターブレイク中の12月に日本へ帰ってきた際にインタビューに応じてくれた。

文・写真 川北裕大

山下裕生(やましたゆうき)選手は、現在、サンジュリアというスペイン4部相当のチームでプレーするが、昨シーズンは2部のアンドラでプレーするなどの実力派。しかし、関東リーグやFリーグでのプレー経験がない異色のプレイヤーだ。

山下裕生とは、どんな人物なのか?

1990年8月9日生まれの22歳。

高校3年のときにヒューマンアカデミーへ入学。1年次終了後にランサロテへ練習生として加入。帰国後、当時、関東2部だったBFC KOWAへ加入。再びヒューマンアカデミーへ復学。卒業後はスペイン3部のバルガスと契約。その後2部のアンドラ、4部相当のサンジュリアへ移籍。

フィジカルの強さとスペインで培った個人戦術を活かして相手ゴールへ向かっていくが、前線からのディフェンスにも強さのあるピヴォ。

(編集部注:Wikipediaによると、アンドラ公国、通称アンドラは、 ピレネー山中にあり、フランスとスペインに挟まれた国家。フランス大統領とスペインの ウルヘル司教を国家元首とするミニ国家)

デジタルピヴォ!がこの無名の若手選手に注目するのは、同アカデミーでともに学んだ関係もあるし、選手としてより一層のレベルアップを図るためにスペインは有効なのかどうか、そこを検証したい意図もあります。インタビューその1では、現在のチームの話、スペインへ渡った当時のことを振り返ってもらいます。

▼得点につながるプレーを求められている

Pivo! 現在の所属チームであるサンジュリアとはどのようなチームですか?

山下 アンドラという国から2部のアンドラとこのチームがスペインリーグに参加していて、チームの特徴としては、アンドラ代表の選手が半分以上いることかな。

Pivo! どんなスタイルのフットサルですか?

山下 オーソドックスにピヴォを置いて、3-1の形が基本。

Pivo! チームの中でどんな役割を求められている?

山下 とりあえずゴール。まあ、要するにまずは得点につながるプレー。あとは、ディフェンスに関しては、ピヴォのディフェンスって後ろが見えない分、切り方とかいろいろと頭を使ってやらなきゃいけないし。前からのディフェンスをやらされてる(笑)。まあ、そういう部分を含めて起用されてる。

Pivo! 自分の力は通用してると感じますか?

山下 まず、カテゴリー的に去年より下がってる分、それは間違いなく通用してる。去年に関しても部分的には通用していたから、そういった意味では、アンドラ代表っていう肩書に気持ちで負ける気はないしね。

続きは→デジタルピヴォ!注目の若手スペインリーガー山下裕生インタビュー その1(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント