サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【コートのマドンナ】Amaralo/峰FC 宮川亮子選手

今回はAmaralo/峰FCの10番、フットサル日本女子代表経験もある宮川亮子選手です。

20121215Pivo004.jpg

-今日は勝利おめでとうございます。前半は苦しんだようですが、後半は思い通りの展開だったでしょうか。
宮川:ありがとうございます。前半も思い通りだったのですが、点が取れなかったのが勢いに乗れなかった原因かと思います。

-やっぱり宮川選手が点を取るとチームは勢いが出ますね。
宮川:そうですか?(笑)そうであってくれると良いかなと思います。

-今日も左足で2得点ですが、案外左足の得点が多いような気がします。左足の方がシュートは得意ですか?
宮川:左足は結構好きです。右足はタイミングを取られて防がれる事が多いような気がしいます。左足だと守る方のタイミングが取りにくいんでしょうかね。

20121215Pivo002.jpg

-所属のAmaralo/峰FCというのは男子チームのInfantil/峰FCというのもありますが、どのような経緯で設立されたのですか?
宮川:元々峰FCという小学校のチームがあり、そのまま年代があがる毎にチームができていったという感じです。

-中学、高校はサッカーを続けていたのですか?
宮川:中学、高校ではサッカーを続ける事が出来ず、しばらく何もしない時期があったんですが、友達に誘われて中学の時はバレー部に、高校ではバスケ部に入部しました。背が大きいのは中高の部活のお陰ですかね。高校2年の時に男子のInfantilが出来たので部活の後にそこに混ざって練習するようになりました。

-特にそれはフットサルのチームだったのですか?
宮川:練習場所が体育館でやる事もあったので、サッカー、フットサルを両方?両立?していたような感じです。

-フットサルへ傾注していったのは?
宮川:大学は日本体育大学でサッカーをやりました。その後卒業して栃木に帰ってきてから女子チームであるAmaralo/峰FCができて、サッカーとフットサルを両立していました。しかし人数の関係から徐々にフットサルが中心になっていったという感じです。

20121215Pivo000.jpg

-その後、フットサルで全国大会へも出場し、日本代表にも選出される事となった訳ですね。昨年は久々の全国大会出場で準優勝という結果を出しました。今年は残念ながらあと一歩の所で全国出場を逃しました。私は試合後の姿が印象に残っています。
宮川:え、何の事ですか?

20121215Pivo001.jpg

-関東大会での3位決定戦。残り2分からFUNに逆転負けした時の試合でした。試合終了後にFUNの選手には気丈にも笑顔で握手していましたが、応援団のいる場所に行って挨拶をした直後に涙を流した場面です。
宮川:よく見ていましたね~(笑)確かにそんな事がありましたね。

-今、お仕事は何をされていらっしゃるのですか?
宮川:現在、臨時採用で高校の養護教諭をしています。分かりやすく言うと保健室のおばちゃんです。普段は白衣を着ています!

-練習は週に何回行っていますか?
宮川:週2回+隔週の土曜日です。

-仕事とフットサルの両立で苦労されているような事はありますか?
宮川:フットサルのある生活が当たり前になっていますね。仕事をするようになってずっとこの生活なのでフットサルなくなったら・・・きっと太りますね(笑)

20121215Pivo003.jpg

-チームには若手の選手も多いですが、若い選手に何か伝えたい事はありますか?
宮川:自分が何か伝えたいという事は特にありませんが、やはり関東リーグにちゃんと残ったり、全国へ出場したりして高いレベルの場所でプレイさせてあげたいです。

-ご自身での目標はありますか
宮川:そうですね、やっぱりフットサルを続ける限りは日本代表ですね。最近選ばれていないので、返り咲けるように頑張りたいと思います。

(2012年12月8日関東女子フットサルリーグにてインタビュー)

▼過去の「コートのマドンナ」→コチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント