サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

「フットスクエア森田店長の日々徒然」アルバイト審判に求められる資質とは?(4)―ゲームをコントロールする

みなさんこんにちは。森田です。

シューズはナイキ派、ジャージはケルメ派です。
今回も審判のお話をお届けします。

(4) ーゲームをコントロールする
今回は、いかにゲームをコントロールするか?ということについてお話しするのですが、人によっては審判にゲームをコントロールされてたまるかよ、という人もいるかもしれません。
もちろん審判は競技規則の範囲内でジャッジをしていくわけですが、ジャッジ以外の場面でどんなことをするか、またはジャッジする中でも審判に与えられた裁量をどう運用するか、という部分でゲームを思う方向に持っていく努力の仕方の話です。
まぁアルバイトの子がゲームをコントロールできるようになったな、と思えるようになるのは最低1年はかかりますし、この部分で注文のつけようがなくなったらこっちもあまり言うことがなくなってしまいます。

20140415-7.jpg
・ゲームコントロールの目的

そもそもなんでゲームをコントロールしようとするのか、その目的はなるべくファウルもなく、警告も退場もなく、もっとも完全なフェアプレーに近いかたちでゲームを終わらせる、ということにあります。

様々なパターンはありますが、悪質なファウルや不正行為は、なんかこの人やりそうだなといういうような予感に始まり、それが起きる前に何かしら対処ができることが多いのです。

それではどのようにコントロールするかということの6段階対応というものを以下に引用します。

⑴ 1対1での注意(プレー停止なし)
⑵ だれにもわかるよう注意(プレー停止なし)
⑶ 最後の注意(プレーを停止して)
⑷ イエローカード(プレーを停止して)
⑸ 2枚目の警告で退場(プレーを停止して)
⑹ 即レッドカード(プレーを停止して)

『審判目線ー面白くてクセになるサッカー観戦術』松崎康弘

これはJリーグの審判についての解説であるので、僕らのようなワンデイフットサル大会では違った捉え方が必要なこともあります。

それは通常ハーフが5分から7分と短いために1試合がすぐに終わってしまいます。そしてその後もゲームをこなしていく必要があるので、最初にラフプレーが多くファウルも多いようなゲームがあると後のゲームに尾を引いてしまうことも考えられてしまいます。
また、試合を始めるまえに間違えやすいルールなどの確認は行いますが、ファウルになる行為の認識がそもそも間違ってるんじゃないか?という選手がいるということがゲームが始まってからわかることもあります。(手の不正な使用がいちばん多いわけですが)

20140415-8.jpg
・実際にワンデイフットサル大会でやっていること

結果をいいますと、ゲームコントロールの方法としてアルバイトの子に覚えてもらうのは ⑵だれにもわかるよう注意 を優先しています。とはいっても⑴ 1対1での注意は10人しかいないフットサルでは審判と選手が1対1になれるシチュエーションがあるほどピッチが広くないというのもあるわけですが。

それでも⑵だれにもわかるよう注意 ができるようになるにも、やはり競技規則はきっちりあたまの中に入っていなければならないし、それ以外の基礎的な技術も身につけてある程度の余裕ができる 必要があるので、ライセンスのないアルバイトでここまでできるには時間がかかります。

ただ、ここを目標にして審判技術を身につけていけば様々な心配がなくなるというのは経験から言えることなので、この能力をベンチマークとするのは有効かと思います。

今日はこの辺で終わりです。
まだまだ手探り状態のこのコラムですが、今後ともよろしくお願いいたします。


■著者プロフィール■
森田 真一 1979年生まれ。紆余曲折あったあと、2009年12月からフットスクエア江東・森下ショップリーダー(店長)。

Twitter:
@Shinichi_dingo (森田 真一)
@FOOTSQUARE_mori (フットスクエア江東・森下)
foot4.jpg


■フットスクエアのフットサル大会■
「今週も、フットサルで集 まろう」をテーマに、フットスクエア江東・森下では毎週土日にフットサル大会を開催しています。そしてオンリーワンのフットサル大会をめざし、様々な企画 大会を提案しています。焼肉屋の牛角さんとコラボした『ぎゅーかくかっぷ』、勝てなかったチームだけを集めた『勝ちたいんや』、プレー時間70分を追求し た『けりまくり007(セブン)』『勝つまで帰れま10(テン)』などなど。たくさんの楽しみ方がつまったフットサル大会にぜひお越し下さ い>>詳しくはコチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント