サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第1節]エスポラーダ北海道・小野寺隆彦監督「結果を出していかないと成長につながらない」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第1節
エスポラーダ北海道 0-3 名古屋オーシャンズ
2016年6月11日(土) 国立代々木競技場第一体育館 観客数:2,544人
[得点経過]
0-1  18分33秒 名古屋  10 シンビーニャ
0-2  21分01秒 名古屋  オウンゴール
0-3  38分50秒  名古屋  14 安藤良平

 

室田祐希選手・関口優志選手の移籍のみならず、ケガでキャプテンの高山剛寛選手、Fリーグ通算243試合出場・155得点のエース水上玄太選手を欠くエスポラーダ北海道。副キャプテンの本田拓磨選手を中心に、神敬治選手をはじめとしたベテラン勢と7選手の新入団選手を含む若手との融合による新たな体制が注目すべき点であった。
平均年齢24.6歳の新生エスポラーダ北海道はメンバーは変わったものの、スピーディーなフットサルは継承しているようだ。
小野寺監督は「エスポラーダ北海道も再建をしなければいけない時期。高い選手を育てていきたいと思います」(キックオフカンファレンスより)と強い気持ちで今シーズンに臨み、チームディフェンスの強化をしていたエスポラーダ。
しかし、決定力やボールロストなどひとつひとつのプレイの精度というところで名古屋オーシャンズとは差が出てしまう結果となった。
ただ、チームとしては3失点したものの、関口選手の陰で隠れてはいながら、成長していたゴレイロの鶴岡選手のナイスセーブが光った。今後、新入団の三浦選手(試合の後半、半分程度経過してから交代出場)との争いが興味深いところ。
そして、エスポラーダのフットサルは人気があるので、チームの完成度を高め、バージョンアップをしてもらい、今年もプレーオフ争いをして盛り上げてもらいたいところだ。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

 

以下は小野寺隆彦監督と副キャプテンの本田拓磨選手(キャプテンは高山剛寛選手)の記者会見と質疑応答。

試合を振り返って。

小野寺隆彦監督
「まずは今シーズンもFリーグよろしくお願いいたします。僕たちも一生懸命頑張りますので応援いただければと思いますのでよろしくお願いいたします。今日の試合に関しましては一発逆転みたいな感じで、本当に勝ちにいく気持ちを持って戦ったのですが、ひとつひとつの精度が低かったり、プレスがまだまだ弱かったり、名古屋さんにリードできる試合の内容ではなかったかなと思います。ただ、若手もベテランもチームとして戦うところは全力尽くしてくれたのだと思います。
ただ、選手たちにミーティングでも伝えましたが、頑張っただけではダメだということ。結果、得点を入れたり、失点を防いだりと、結果を出していかないと成長につながらないのです。こういう負け方は悔しいですが、しっかりと決めるところで決めてということになれば、このような結果にはならなかったと思うので。まず、ベテランや若手の頑張りを信じて戦っていきたいと思います。ありがとうございました」

 

 

本田拓磨選手
「3-0という結果が僕たちの現状だと思うので、
しっかりと結果を受け入れて、次の練習から、今日体感した質を下げないようにやっていきたいと思います」

以下は質疑応答となる。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/06/14/post24858/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント