サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

開幕戦からプレーのみならず、コメントにもすきがないシュライカー大阪のアルトゥ―ル[Fリーグ第1節]


写真はチーム3点目のシーン。アルトゥ―ルがフリーキックを直接決める。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第1節
シュライカー大阪 4-3 エスポラーダ北海道
2017年6月10日(土) 国立代々木競技場第一体育館 観客数:1,562人
[得点経過]
1-0 03分33秒 大阪 11 チアゴ
2-0 06分05秒 大阪 14 相井忍
3-0 06分54秒 大阪 5 アルトゥ―ル
3-1 09分13秒 北海道 17 水上玄太
3-2 11分24秒 北海道 7 酒井遼太郎
4-2 18分44秒 大阪 11 チアゴ
4-3 19分28秒 北海道 7 酒井遼太郎

 

アルトゥ―ルは3月20日に開催された第22回全日本フットサル選手権大会の決勝の大会MVP記者会見にて以下のように語っていた。
「シュライカー大阪を助けるために、歴史を変えるために、リーグタイトルを取るために、そういう思いでブラジルからやってきましたので目標が達成できてうれしく思っています。ただ、助けるために来たということだけではなくて、フットサルというものがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくということも自分たちの役割だと思っています。今日のように本当に多くのお客さんが来て、フットサルというスポーツを観て、さらに発展していくということが重要というか、さらに必要だと思っています」
プレーのみならず、日本のフットサルの発展においても志高いアルトゥ―ルはどの質問に対するコメントもすきがなく、ミスターパーフェクトであった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 


2017/2018年シーズンのFリーグ開幕を飾る第1号はチアゴ。アシストは昨シーズンまでエスポラーダ北海道に在籍した堀米将太。堀米がインターセプトをすると、そのまま縦にボールを動かして、ディフェンダーを揺らし、マイナスのパスをチアゴに送った。

 

 

 

 

 


2点目はサインプレー。フリーキックのキッカーはヴィニシウス。ヴィニシウス→アルトゥ―ル→相井忍という流れでゴールを決める。

 

 

 


3点目はアルトゥ―ルがフリーキックを直接決める。

 

 


4点目は再びチアゴ。ボディフェイクにより北海道のディフェンダーを何度も振り切って、シュートを決める。

 

以下は新キャプテン、アルトゥ―ル選手の個別インタビューとなる。通訳は木暮賢一郎監督。

Pivo!:アルトゥ―ル選手は新キャプテンとして、どういうキャプテンを目指しますか?

アルトゥ―ル:もちろん昨年に続いてシュライカーが勝つために、タイトルを獲るためにキャプテンとしてよりサポートしたり、チームに自信を与えたり、落ち着きを与えたり、あとは入団するときのクラブとの話の中で、AFCに出る。AFCで勝ちたい。というクラブとしても個人としてもチームとしても大きな目標がありますので、そのためにもキャプテンとして頑張ります。あとは日本語ももっともっとしゃべれるように個人としては勉強したい。そういう気持ちもあります。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/06/13/post36437/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント