サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

新生シュライカー大阪のキーマン田村友貴が今シーズン求められること。[Fリーグ第1節]

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第1節
シュライカー大阪 4-3 エスポラーダ北海道
2017年6月10日(土) 国立代々木競技場第一体育館 観客数:1,562人
[得点経過]
1-0 03分33秒 大阪 11 チアゴ
2-0 06分05秒 大阪 14 相井忍
3-0 06分54秒 大阪 5 アルトゥ―ル
3-1 09分13秒 北海道 17 水上玄太
3-2 11分24秒 北海道 7 酒井遼太郎
4-2 18分44秒 大阪 11 チアゴ
4-3 19分28秒 北海道 7 酒井遼太郎

 

5月28日のプレシーズンマッチ後の記者会見にてシュライカー大阪の木暮監督に以下の質問をした。
「昨シーズン、村上選手・奥田選手とフィクソの選手が2人引退しました。今回フィクソは入れずに全員アタッカーというのはもともといるフィクソの選手への絶大な信頼から来るものですか?」
すると木暮監督の回答は以下であった。
「フィクソに関していうと佐藤亮がケガをしているというのがありますが、アルトゥ―ル・佐藤・田村の3枚フィクソがいますから少ないかというと、3人ケガしたらということを考えたら、キリがないですが、もともと持っているメンバー構成でいえば、問題はないかなと思っています。おっしゃるとおり、アタッカーとディフェンスというね、大枠でいけば、当然3枚以外の選手がアタッカーとしていくわけですから、多いといわれれば多いのかもしれませんが、通常、ゼロフィクソなのか、1なのか、2なのか、3なのか、4なのかでいうと、ピッチの中でワンフィクソというのが適性の人数だと思っていますからワンフィクソに対して、3枚が例えば、スリーピヴォなのか、スリーアラでクアトロなのかダブルピヴォなのか、ツーアラでワンピヴォのオーソドックスな形なのかというところでメッセージ性は変わりますが、まずフィクソ1枚という概念においては特に違和感は覚えていないですし、ある意味、ツーフィクソに関してはオフェンスのチームとしてはネガティブです。ただ、2枚置く時間帯もありますが、オフェンスに対してディフェンスがおろそかになれば、スリーフィクソにしなければならないですし、ゼロフィクソというのももしかしたらフィットするかもしれないですし、そのへんはシーズンの選手の調子を見て何がフィットするかというのはありますが、ワンフィクソに対してどう組み合わせるかというのを狙いを持って獲得しましたし、そういったことに対して狙いを持って今作業中でもあります」
フィクソ3枚の中の1枚であり、チームの戦い方も変わる中、村上・奥田の引退も伴い、田村友貴に期待されるものは昨シーズンにも増して大きくなるのは間違いない。今シーズンはさらに飛躍するシーズンとなるのか注目したい。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

 

 

 

 

以下は田村友貴選手の個別インタビュー。

Pivo!:木暮監督よりフィクソが3人ということに対して「もともと持っているメンバー構成でいえば、問題はないかなと思っています」という言葉がありました。昨シーズンよりもより活躍が期待されますね。

田村:今、佐藤亮さんがケガをしていて、フィクソが2枚なので自分がリーダーシップをとって、守っていけないといけないと強く思っていますし、今日は3-0でリードした展開でしたがこれからもそういうリードした時間帯というのは増えてくるとは思います。そこで自分からチームを引き締めていって、点を獲ったあとにもっと集中してやっていかないといけないと思っています。

Pivo!:昨シーズン、試合数と時間含めてコンスタントに試合に出ていました。技術を認められてというのはもちろんありますが、ベテラン選手の引退によりプレー以外の部分での成長も求められますね?

田村:声をかけれることのできる村上選手と奥田選手が引退をして、その中で新しい選手が入り、若い選手が上がってくる中、僕がしっかりリーダーシップをとっていかないといけないというふうには思っていますし、チームが失点したあとであったり、ベンチからの声かけ、引き締める一声も意識していきたいです。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/06/13/post36453/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント