サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[PUMA CUP]フットサル日本代表監督ミゲル ロドリゴ「W杯からは80%ほどメンバーは変わる」

unnamed-650x435.jpg

抽選会に登壇したミゲル ロドリゴ監督(後列右端)

 

3月に行われるPUMA CUPの組み合わせ抽選会に、ドロワーとして登壇したフットサル日本代表監督、ミゲル ロドリゴ。抽選会の中で彼は、日本のフットサルのことを「とても発育のいい赤子」と表現し、まだまだ世界基準には到達していないものの、その成長に手応えを感じているようだ。日本に彼がやってき丸4年が経とうとしてるが、次なる目標は、4月に行われるAFCアジアフットサル選手権だ。2年毎に開催されるこの大会の前回チャンピオンは日本。今回は初の連覇を目指す戦いとなる。

 

抽選会終了後、ミックスゾーンに現れたロドリゴ監督は、記者を前にしてカップ戦の面白さなどについて語ってくれたが、やはり関心は代表についてのようで、記者からはまず、そちらについての質問が投げかけられた。今回は2回にわたって、ロドリゴの談話をお届けする。

 

写真◆デジタルピヴォ! 山下 文◆デジタルピヴォ! 藤里

 

ロドリゴ カップ戦は、年々サプライズがあるのも楽しみがありますし、トップリーグと地域リーグの対戦が起こることで、お互いを刺激し合って、切磋琢磨される場としても興味深い。お尻に火がではないが、Fリーグのチームもうかうかしてられないなと思う機会だ。抽選会中にもいったが、他の国ではあり得ない、2部(地域リーグ)のチームを、1部が恐れる、例えばフウガと当たりたくないという心情が起こることが、いい意味でもある。Fリーグに入る資格があるチームが、地域リーグにあるというのは、興味深いし、おもしろいシチュエーションだし、トップリーグのレベル向上にはまだまだ要素がある。どの国に行っても、自分はカップ戦が楽しみ。

続きは[PUMA CUP]フットサル日本代表監督ミゲル ロドリゴ「W杯からは80%ほどメンバーは変わる」(2014/2/11)(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント