サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[第22回全日本フットサル選手権大会]ペスカドーラ町田アスピランチ・小川亮監督「引っ張ってでも前に出てやるという気迫をもっと持ち合わせないと上に行ったときに通用しないと思います」

 

第22回全日本フットサル選手権大会1次ラウンド(大阪会場・グループD)
フウガドールすみだ(Fリーグ・東京都) 3-0 ぺスカドーラ町田アスピランチ(関東地域第1代表・東京都)
2017年3月11日(土) 岸和田市総合体育館(大阪府) 観客数:250人
[得点経過]
1-0 2分 すみだ 6 宮崎曉
2-0 5分 すみだ 11 清水和也
3-0 25分 すみだ 14 西谷良介

 

ぺスカドーラ町田アスピランチは3連勝して代々木に戻って来ることを目指していたが、結果としてはエスポラーダ北海道(Fリーグ/北海道)、フウガドールドールすみだ(Fリーグ/東京)とFリーグのチームを前に2連敗。最終日である3月12日はヴィンセドール白山(北信越地域代表/石川県)とのゲームを迎える。
小川亮監督は「思い出づくりに来たわけではないです。勝つつもりで来ました」「ここに来れなかったチームや選手がいます。代表で僕らは来させてもらっていると思うので」と「チームとしての結果を求めて」最終試合に臨む。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤学

以下は小川亮監督個別インタビュー

Pivo!:今日の試合を振り返って。

小川:前半最初からやられてしまいましたが、チャンスをディフェンスからつくれたり、やろうとしていることは前半は出せたと今の印象では思います。また映像を観たらいろいろ出てくるとは思いますが、チャンスもありましたし。ただ、決めきるところの差は感じました。タラレバになってしまいますが、あれが決めっていれば。とか。またちょっと違う流れになっていたのではとは思います。選手は昨日負けてしまってショックは大きかったと思いますし、モチベーションが低かったわけではないですが、すごく難しい状況の中、それでも奮い立たせてみんながフウガに勝つことだけを考えて準備してくれたので選手には感謝していますし、やれるだけのことはやってくれたのではないかなと思います。

Pivo!:昨日の試合(エスポラーダ北海道戦)を振り返って。

小川:昨日も最初にやられてしまいましたが、後半に関しては自分たちのゲームで推移していたと思いますし、ゲームの支配もできたと思います。ただ、チャンスを決めきれず、チャンスのあとに大きなピンチがあるのがフットサルなのでそのへんも気をつけてはいたのですが、やはりそこでやられてガクッときちゃったりとか、そういうのもあったのかなと思います。たぶんそういうところで我慢できるのがFリーグで、耐えれずにやられてしまうのが地域なのかという気はします。

Pivo!:明日の試合の意気込み。どんな意味を持たせますか?

小川:とにかくこのチームの今シーズン最後の試合なので勝ちにこだわってやらないといけないと思いますし、ここに出れて思い出づくりに来たわけではなくて、勝つつもりで来ました。ほんとうは3連勝して代々木にという目標があった中で残念な結果になりましたが、何もないから手を抜いていいかというとそうではないと思うので。ここに来れなかったチームだったり選手がいますし、代表で僕らは来させてもらっていると思うので、Fリーグには負けましたが、最後勝つことで、そういう人たちにあのチームだから勝ち上がれたのだねと思われたいですし、Fリーグのチームといい勝負できたのだねと思われたいですし、チームとして結果を求めてやりたいなと思います。

Pivo!:ジャイアントキリングを起こすために下部組織に必要なもの。

小川:こだわるところじゃないですかね。勝利への執念。そこが特に2試合僕らのところでもっと出さないと思います。いい方はよくないですけど、引っ張ってでも止めてやるとか、何が何でも足を蹴ってでも止めるとか、ボールを押し込むとか、そういう執念を見せないとうまいだけでは勝てないのかなという気はしました。技術的には僕の判断、ものさしのところではありますが、通用するものがあると思います。下部に関してはぺスカドーラ町田アスピランチしか僕はわかりませんが、アスピに関しては十分あったのかなと思ってはいます。でも、これだけ差がつく。勝てないというのは気持ちといってしまうと漠然としてしまいますが、執念を持たないとFリーグのチームは簡単には勝たしてくれないと感じました。

Pivo!:通用した部分を具体的にいうと?

小川:技術的なところです。パス回しであったり、ビルドアップのところです。前から来られても回避して前に運んでというところまではできていたと思うので、あとはそこから崩していくだとか、アタッキングサードというか、ゴール前に入っていくかというところ、個の力であったり技術であったりというのはもっと伸ばさないといけないと思います。もっともっと練習からスピードであったり常にお互いに意識していかないと積みあがっていかないといけないと思います。

Pivo!:心技体の心。スタートの入りも含めて心が大事ですか?

小川:まずは心が足りていないというか、そこも成長させないといけないと思います。常に思い描いて練習できるかどうか。よくいえば優しいです。今季来た子たちは特に。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/03/12/post33953/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント