サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[AFCフットサル選手権]日本、初の連覇!「鬼神」関口優志の活躍でイランにPK戦で勝利!

AFCフットサル選手権 決勝
2014年5月10日(土) 21:00 KICK OFF(日本時間)
日本代表 2-2(PK3-0) イラン代表

[得点経過]
0-1 7分53秒 イラン 13 タヴァッコリ
1-1 25分46秒 日本 14 稲葉洸太郎
1-2 41分34秒 イラン 15 タイエビ
2-2 45分37秒 日本 オウンゴール

ここまで、決して楽ではない戦いを制してイランの待つ決勝へと駒を進めてきた日本。対するイランはここまでの試合、実力の差を遺憾なく見せつけてきたという展開だ。名将ヘスス カンデラスの下、ワンランク上のチームへと成長したイランは、まさに「アジア最強」。しかし、連覇を目指す日本にとって超えないといけない壁でもある。いよいよ、アジアの頂点を決める戦いが始まる。

▼日本のスターティングゴレイロは関口

日本のスターティングファイブ。ミゲル監督は前日から明言していた関口の起用をスタートからという決断を下した。FPは滝田、森岡、仁部屋、吉川のセットでスタートする。青いユニフォームの日本のキックオフで試合開始。最初の攻撃、右サイドの吉川が相手の裏をとってパスを受けようとする。相手のディフェンスがカットしたところに滝田が拾い、ゴール前でフリーになっていた吉川にパス。しかし、これは決め切ることができない。対するイラン、左サイドでタイエビが縦へのドリブルからシュートまでいくが仁部屋がついていく。2分、吉川がボールを奪われて1対2のカウンターを仕掛けられるが関口がパスを足でカットし、ガッツポーズを見せる。

▼許したくない先制を許す、プレスを回避し切れない日本

日本の2ndセットは皆本、小曽戸、西谷、星。4分、再びイランのカウンター。右サイドから関口が1対1となるがセーブ。日本は後ろで奪われるシーンが目立ち、イランのプレスを回避し切れない展開が続く。6分、イランが左サイドへ長いボールから右サイドを上がったサフィへ浮き球のパス。ボレーでシュートを狙われるが、枠の外。直後、日本はカウンターから右サイドを上がった吉川へパスが出るが、わずかに届かない。7分53秒、左サイドのタイエビへ長いボールが入ると、中央のタヴァッコリへ落とし。これをダイレクトでシュートすると、関口からはややブラインド気味になったのか、ゴールへ吸い込まれる。

10分、再びイランの3対2のカウンター。右サイドでタイエビが受けて、切り返してシュートを狙うが枠の外。12分、右サイドからのキックインからイランのシャジャリがシュートを狙うが、日本の選手に当たってコースを外れる。イランは日本がボールを持つといったんは引くが、後ろへのパスがあると一気にプレスを強めボールを奪いにくる。16分、守備からこぼれたボールを仁部屋が拾うと、ピヴォの星へ縦パス。ディフェンスのプレッシャーを受けながらも反転してシュートに持っていくが、ゴールの左に外れる。17分、関口のスローを受けた仁部屋が右サイドから1人を抜き切り、シュート。しかし相手のディフェンスに当たる。残り21秒、日本はボールを奪われてからカウンターを受ける。イランは右へとドリブルしながらシュートを放つが、前へ出た関口がコースを切って枠の外。直後に、タイエビが反転からシュートを狙うがこれも枠の外。日本はカウンターから多くのチャンスをつくられはしたものの、関口の活躍もあり最少失点で前半を折り返した。

▼稲葉のゴールで同点に

後半はイランのキックオフ。最初のプレーで、左サイドのハッサンザリが森岡を振り切ってシュートまでいくが、関口が弾き出す。21分、タイエビが中央でボールを受けると、森岡を外して左足で狙うがこれも関口がセーブ。23分、左サイドで吉川が受けるとドリブルで縦に突破し、左足で狙うがサイドネット。24分、日本はカウンターから星にボールが入り、シュートまで持ち込もうとするがうまくコントロールできず。25分46秒、右サイドで小曽戸がFKを得ると、稲葉がゴールへ速いシュート。星が相手のディフェンスを抑えてコースを開けると、これがゴールに吸い込まれ、日本が同点に追いつく。さらに、日本は左サイドで仁部屋がドリブルで突破すると3対1の状況に。左サイドの森岡を仁部屋は選択するが、わずかにボールが合わず。

27分、森岡が左サイドでかわされて3対2のカウンター。右サイドのセグンド気味にパスが出されるが、関口がよく反応してシュートを止める。30分、イランに徐々に焦りが出てきたのか4つ目のファールを犯す。関口のセーブ、日本のディフェンスも崩れず、この時間帯はイランがボールを持つが、日本のペースで試合が進む。さらにイランは32分に5つ目のファール。34分、左サイドでイランのタヘリが仁部屋と1対1を仕掛けるが最後はシュートがサイドネットへ。

35分、左サイドを皆本が上がり、浮き球のパスが通る。左足でファーサイドを狙うがわずかに合わず。すると36分3秒、イランの選手がハンドを犯し、日本に第2PKが与えられる。しかし、これはゴール右上へと外れてしまう。さらにボール回しから左サイドで星が完全にフリーでボールを受けて相手ゴレイロと1対1になるが、決め切れない。37分、中央で受けた滝田は左の渡邉を選択。渡邉はファーサイドで詰めている選手もいたが、ニアを狙うがサイドネット。38分、左サイドからイランは1対1で中央に侵入しシュートを放つが、関口が足でセーブ。さらに、イランは中央でFKを得ると直接ゴールを狙うがブロックする。残り4秒、イランが再び同じような位置でFKを得ると、1人がボールをまたいでからファーサイドへ。そこへ速いボールが通って、失点かと思われたシーンだったが、関口が片手で弾き出した。後半がこのまま終了、試合は5分ハーフの延長戦へもつれこむ。

続きは[AFCフットサル選手権]日本、初の連覇!「鬼神」関口優志の活躍でイランにPK戦で勝利!(2014/5/10)(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント