サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第31節]シュライカー大阪・今井翔選手 「大阪に来て初ゴールだったのでそこに関しては素直にうれしかったです」


この写真は決勝ゴールとなったシュートのシーン。

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第31節
シュライカー大阪 5-4 湘南ベルマーレ
2017年2月4日(土) 大阪市中央体育館 観客数:2,040人
[得点経過]
1-0 02分17秒 大阪 10 ヴィニシウス
2-0 10分14秒 大阪 5 アルトゥ―ル
3-0 14分28秒 大阪 9 奥田亘
3-1 19分09秒 湘南 15 鍛代元気
3-2 22分06秒 湘南 9 近藤純也
3-3 28分20秒 湘南 10 ロドリゴ
3-4 35分03秒 湘南 10 ロドリゴ
4-4 38分24秒 大阪 10 ヴィニシウス
5-4 39分09秒 大阪 17 今井翔

 

 

 

 

 

 

 

今井翔。神奈川県出身で1986年6月12日生まれの選手。

Black Shorts・ステラミーゴいわて花巻・クオーレ仙台・湘南ベルマーレ・ヴォスクオーレ仙台を経て今シーズンよりシュライカー大阪(以下大阪)に在籍している。
第31節湘南ベルマーレ戦では古巣相手に土壇場で決勝ゴールを決めた。なかなか出場機会がなかった中で大阪に来て初ゴールとなった。
第25節のバルドラール浦安戦の記者会見にて木暮監督は以下のように語った。
「全選手が高いレベルにいないと、そういうことはできないですから、みなさん感じてるイメージ以上に、僕は全選手が毎日いいトレーニングをしていて、誰がピッチに出ても結果を出せるクオリティーを持った選手を抱えていることはすごく幸せだと感じています
第24節の府中アスレティックFC(以下府中)戦後の記者会見では木暮監督は「基本的に自分は左利きの選手がすごく必要だと思っています。ここまで出場時間が少なかった今井翔は左利きの選手で、シーズン前からもちろん期待もしていました
その今井が期待に今回応える。加藤未渚実が累積で出場しなかった府中戦においても出場をし、パワープレーにおいてもキーマンとなった。
「プレーオフで勝つためには、彼の代わりはいないですが、彼の役割をどうやって埋めるか」(第31節試合後記者会見・木暮監督より)そういう可能性を探る意味合いもあったこの試合であった。加藤未渚実がケガで今シーズン出られないことを考えると仁井貴仁のみならずレフティー今井翔の活躍が期待される。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 


第31節の前日練習にて。パワープレーのトレーニング。右は今井翔。

 


この写真は永井からボールを受ける(ゴール)直前の今井。

 

Pivo!:決勝ゴールを振り返ってください。

今井:永井から落としが来た時点でゴールは空いていたのでそこに蹴り込むだけでした。大阪に来て初ゴールだったのでそこに関しては素直にうれしかったです。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/02/11/post32749/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント