サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【フットサルW杯・試合レポート】左右のピヴォを揃えるロシアか、シビアなブラジルか、それともバリエーション豊富なスペインか(グループリーグ総括)

『デジタルピヴォ!plus』(フットサル100%の有料WEBマガジン)からの引用です。

News2012111004.jpg

文・写真◆座間健司

歴史は塗り替えられるのか。それともカナリア色と血のような真紅がまたも世界王座の座を競うのか。

優勝候補の3チーム、ブラジル、スペイン、そしてロシアはそれぞれ順当にグループリーグを1位で突破した。

優勝候補の中で最も充実したパフォーマンスを示していたのが、東欧の大国だ。1999年の欧州選手権が唯一のタイトルのロシア。彼らは今大会でその歴史に新たなタイトルを加えることができるクオリティーをチームが手にしているし、そのことをコートで実証している。

ロシアは強烈だ。

彼らは主に2セットでボールを回している。ファーストセットは左利きのピヴォ、シリロ(11番)を中心にフィクソのシャヤクメトフ(2番)らディナモ モスクワのメンバーで組むセットだ。ディナモ モスクワは欧州の強豪クラブチームで昨季はフットサルの欧州チャンピオンズリーグであるUEFAフットサルカップの決勝に進出している。クラブチームで熟成されたコンビネーションは見事で、そのスピードは速く、連携も完成されている。

セカンドセットは右利きのピヴォ、アンドレ リマ(8番)を中心にドリブルで変化をつけることができるロビーニョ(10番)、まるでコートの全てを把握できているかのようにプレーをするプルドゥニコフ(4番)がいる。アンドレ リマとロビーニョは5か月前にロシア国籍を取得したブラジル人で互いにウグラという同じチームに所属しており、コンビネーションは抜群だ。

ゴレイロのグスタボを含めて5人のブラジル人がいるロシア。彼らが相手チームにとって厄介なのはピヴォがいることだ。シリロ、アンドレ リマはクアトロにシステムを変えても適応でき、ピヴォの位置に入ってもポストプレーをこなす。しかもシリロは左利き、エデル リマは右利きと利き足が違っており、ディフェンスも守りにくい。

ロシアはグループリーグで攻守に全く非の打ち所がない戦い方をしていた。

続きは→[W杯座間レポート]左右のピヴォを揃えるロシアか、シビアなブラジルか、それともバリエーション豊富なスペインか(グループリーグ総括)(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント