サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第17節]ぺスカドーラ町田・横江怜選手「駒でないという意識もあるけど、駒である意識もあるし、そこはバランスです」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第17節
ペスカドーラ町田 4-1 湘南ベルマーレ
016/11/02(水) 町田市立総合体育館 観客数:1,082人 
[得点経過]
1-0 04分40秒 町田 7 金山友紀 
2-0 17分36秒 町田 9横江怜 
2-1 25分20秒 湘南 14 上村充哉 
3-1 31分49秒 町田 3 森谷 優太 
4-1 38分43秒 町田 10 森岡薫 

前節アウェイ・エスポラーダ北海道戦で敗戦をし、連勝は3でストップ。
現在、10勝1分け6敗で4位となるぺスカドーラ町田。
内訳は勝ちはホーム7アウェイ2セントラル1、
負けはセントラル2・アウェイ4、
引き分けはセントラル1となる。

「これ以上負けられない」「ホームでは勝利し、そして、いい試合を見せたい」(横江選手)という思いの中、この試合勝利を飾る。
試合は横江選手が決勝ゴールに、チームのための攻撃に守備にコートを動き回り、チームの勝利に貢献をする。
チームはホームでは7連勝。負けなしとなる。アウェイでの勝率の低さが気になるところ。
11月7日(月)の次節・アウェイ・バルドラール浦安戦は優勝争いに絡むためには非常に大事な一戦となる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は横江怜選手の個別インタビューとなる。

Pivo!:決勝点となったゴールを振り返ってください。

 

 

横江:まずゴール前で1対1に勝てたのがよかったです。かわした瞬間に(室田)ユウキがファーにいて、ゴレイロ(フィウーザ選手)はそれが気になったと思います。オレはシュートしか考えていなかったので、ニアに撃ちました。ゴレイロはファーに重心があって、それもあって入りました。ラッキーでした。ファーにユウキがいなかったら入らなかったかもしれません。撃つ姿勢が最近なかったかなと思います。自身でも気にしている部分ではありました。迷いなく撃ったのがゴールにつながりました。

 

 

 

Pivo!:ゴール以外にも奪ってカウンターというシーンも2、3ありました。

 

 

横江:むしろ、あっちを決めないといけないですね。ああいう場面で決めれる選手にならないといけないと思いますね。あれを決めれないとチームは楽にならないなと。

Pivo!:ああいったチャンスをつくれること自体はポジティブなことではありますね。

横江:そういうところに出ていくのも最近なくて、おとなしくなってしまったなというのはありますね。バランスを取らないといけないとかいろいろあり、リスク管理のことを考えてしまいます。今日はそこも考えつつも、攻撃的な姿勢も見せれたと思います。

Pivo!:バランサーの役割も担っていますね。

 

 

横江:今は後ろに入る機会が多く、ディフェンスでも一番後ろにいるシーンが多いと思います。それは監督からのオーダーでもあります。オレと森谷で後ろに2人で入って、森谷が前に行ったら、オレが後ろに行ってという感じですね。森谷はピヴォもできますしね。自分が与えられた役割をこなしながらも、前に出ていくというのも出していかないと自分のよさが出てこないかなと。そこにおさまるプレイヤーでないし、そういうスタイルではないので、攻撃的にはいきたいなと最近考えていました。

Pivo!:今日の1stセットは横江選手・森谷選手と汗がかける選手が入りバランスが取れているなという印象でした。

 

 

横江:ほかの2人、(森岡)薫と(室田)ユウキがただの攻撃の選手でなくて、攻撃のスペシャリストなので、オレと森谷がバランスを取って彼らのよさを出すのはチームにとって大事なことなので。

Pivo!:フィウーザ選手に関しては?

横江:全然気にしてません。イゴールがうちにいるので。今はケガですが、普段紅白戦でやっているので。イゴールが1番いいゴレイロだとみんな思っています。今日はコンボイ(小野寺)がよかったです。コンボイがMVPかなと思いました。それくらい止めてました。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/07/post29891/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント