サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第17節]ぺスカドーラ町田・金山友紀選手「セットプレイではどういうところを狙うかという神経は研ぎ澄ませています」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第17節
ペスカドーラ町田 4-1 湘南ベルマーレ
016/11/02(水) 町田市立総合体育館 観客数:1,082人 
[得点経過]
1-0 04分40秒 町田 7 金山友紀 
2-0 17分36秒 町田 9横江怜 
2-1 25分20秒 湘南 14 上村充哉 
3-1 31分49秒 町田 3 森谷 優太 
4-1 38分43秒 町田 10 森岡薫 

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第14節
デウソン神戸 1-5 ぺスカドーラ町田
2016年10月15日(土) グリーンアリーナ神戸 観客数:1,403人
[得点経過]
1-0 02分46秒 神戸 19 森 洸
1-1 06分42秒 町田 7 金山友紀
1-2 12分04秒 町田 7 金山友紀
1-3 12分52秒 町田 7 金山友紀
1-4 36分34秒 町田 7 金山友紀
1-5 39分19秒 町田 9 横江怜

 

 

 

 

 

 

 

 

第17節・ホーム・湘南ベルマーレ戦でゴールを決め、今シーズン11ゴール目を決めた金山友紀選手。
中断明け初戦となった第14節・アウェイ・デウソン神戸戦では4ゴールを決め、中断明けの勝利に大きく貢献した。

その試合後に金山選手は4ゴールについて以下のように語ってくれた。
「中断期間での島根での試合でも3点獲れました。そこで獲った形に近いゴールもありました。チームメイトがいいパスしてくれてお膳立てしてくれて、しっかり決めきるというか、うまくイメージどおりに合わせることができました」
また、「コンボイ(小野寺)の活躍にも応えないといけない」という気持ちもあったのだという。

第10節のバサジィ大分戦にてひざをケガし、名古屋セントラルを欠場した金山選手。小田原セントラルではテーピング巻いた中、ピッチに立っていた。そんな金山選手にとってはありがたい中断期間となった。
小田原セントラル後1週間の休みがあり、その後は肉離れしそうぐらいのハードなトレーニングだっという。「ここを乗り切れば、フィジカルコンディションよくなる」との思いの中、島根から帰ってからは今度は肩を脱臼し、1週間休み、(第14節のデウソン神戸戦の1週間前の)バルドラール浦安との練習試合で復帰を果たす。

デウソン神戸戦での4ゴールを振り返ると、1点目は「カウンターからファーでもらおうとした中、ファーのコースを切られていたため、ちょっと下がって、開いたところにパスを受ける。キーパーの出て来た肩越しをうまく抜いたゴール」。
2点目は「キックインからのゴールで、島根のときのゴールに近かった」という「鼻先を狙っていく形。ファーよりも内側に動き直した形」。
3点目は「篠崎選手が相手を抜いた中で確実性を狙ってのアシストからのゴール」。
4点目は「パワープレイ返し。最終ラインにチアゴがいて、そこを越えれば、ボール入るな」という思いの中放たれたコントロールシュート。
「3-1でずっと来た中、パワープレイに相手も来ている中でのゴール。3-2になるか4-1になるかという試合を決定づけるゴール」であった。
4点中、2点はどこが相手が嫌がるかを考えての動き直し、相手の動きや味方の動きをみた中での緻密なフリーランの中からの金山選手らしいゴールであった。
その翌節である第15節、ホームでシーズン10ゴールを飾ることはできなかったが、第16節でも1ゴール。第17節でも1ゴールを決めた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は金山友紀選手の(第17節後の)個別インタビューとなる。

Pivo!:今シーズン11ゴール目。前節のエスポラーダ北海道戦で10ゴール目。10年連続10桁ゴールとなりました。

金山:10年前に開幕するときにここまでやれていると想像していなかったですし、ここまで選手としてやれていることにうれしく思っています。

Pivo!:中断明けでコンディションは上がって来ましたか?

金山:そうですね。周りとコンビネーションは上がって来ましたし、あとはちょっと休んでコンディションが上がった部分もあると思います。ここから連戦となるので、コンディションを落として行かないようにして行きたいです。

Pivo!:今日のゴールを振り返ってください。

金山:完璧な形というか、フリーキックから崩せました。ワンタッチでコースを変えること。相手が嫌なところをしとめるというイメ―ジでした。キッカーは(森岡)薫で滝田のところが空いて、滝田のところから来てファーにこぼれてくるかなと思っていました。薫からもらう準備もしていましたが、滝田を経由しました。滝田のヒールから自分はアウトサイドでした。さわらなくても入るか入らないかというギリギリのところでしたが、確実にしとめる意味で詰めました。いいポジションが取れたかなと思います。

Pivo!:フィウーザ選手は今回はどうでしたか?前回は苦戦しましたが。

金山:どういうゴレイロかわかった部分はあったので。前回もチャンスはあったと思うので。前回はフリーキックで外しているので今回決めれてよかったです。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/07/post29889/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント