サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第17節]フウガドールすみだ・稲葉洸太郎選手「1点差のゲームの中で、悪くはないけど、その差は大きいのかなと。悔しさが残りました」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第17節
フウガドールすみだ 2-3 名古屋オーシャンズ
2016年11月3日(木) 墨田区総合体育館 観客数:1,875人
[得点経過]
0-1 13分39秒  名古屋 5  星龍太
1-1 24分31秒  すみだ 2  山村和士
1-2 25分09秒  名古屋 12  前鈍内 マティアス エルナン
1-3 26分17秒  名古屋 10  シンビーニャ
2-3 27分55秒  すみだ    オウンゴール

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第13節
名古屋オーシャンズ 5-5 フウガドールすみだ
2016年9月3日(土) 小田原アリーナ 観客数:1,103人
[得点経過]
1-0 03分10秒  名古屋 10   シンビーニャ
1-1 04分55秒  すみだ 11   清水和也
1-2 23分52秒  すみだ 16   岡山和馬
1-3 25分45秒  すみだ 77   ボラ
2-3 28分05秒  名古屋   6   ダニエル サカイ
3-3 35分11秒  名古屋 17   八木聖人
4-3 36分45秒  名古屋   11   セルジーニョ
4-4 38分51秒  すみだ   14   西谷良介
5-4 39分35秒  名古屋   11   セルジーニョ
5-5 39分48秒  すみだ 14   西谷良介

 

 

 

稲葉洸太郎選手は「全体は悪くはなかったと思っています。1点差のゲームの中で、悪くはないけど、その差は大きいのかなと。悔しさが残りました。自分たちの時間が全然なかったわけではないですし、しっかりボールも持ちながらできましたし、ディフェンスもいい部分もありましたし、そのへんは手応えを感じる部分はありましたが、結局こうなったところに何か理由があるので、もう1度見つめなおして、はい上がらないといけないかなと思います」と2-3と敗戦になった名古屋オーシャンズ戦を振り返った。

 

 

 

 

 

日本代表含め経験豊富な稲葉選手は練習に試合にチームを引っ張る。この日も自身の役割・仕事を全うしようと、時に泥臭く、持ち前の仕掛けで名古屋のペースを崩そうと奮闘した。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は稲葉洸太郎選手の個別インタビューの続き(1つ目の質問とその回答は上記のリード文に掲載)になる。

Pivo!:負けはしましたが、ゲームは崩れませんでしたね。

稲葉:しっかりフットサルらしいゲームができたというか、お互いがお互いをしっかり見てやった試合だったかなと思います。

Pivo!:個人としてはキレがありました。オウンゴールも引き起こしましたし、仕掛けやシュートも多くありました。

稲葉:ボール回しと仕掛けのところで普通にできたと思います。あの(キックインからの)オウンゴールに関してはスカウティングで須賀があそこを狙おうという話はあったので狙いどおりではありました。

 

 


オウンゴールを引き起こしたキックインは稲葉選手の仕掛けから生まれたものであった。

 

Pivo!:須賀監督は連敗はしている中でも雰囲気は悪くないといってました。選手としてもそう感じますか?

稲葉:もちろん連敗してて、内容は悪くないですけど、何かがあるから負けているわけですから、自分たちも考えてしまうところが選手の中ではあると思うので、完璧に雰囲気がいいとはいえないですけど、ギクシャクはしてないですし、フウガらしく、一体感持って前向いて戦えているところはあります。

 

 

Pivo!:3-2になり残り1分58秒からパワープレイをフウガは開始しました。あまり崩せてはいなかった印象ですが、手応えとしては?

稲葉:練習してきた形の中で、もう1回、2回攻めたかったですね。攻めるまでに、パワープレイに移行できずに終わった時間もあったので。組み立ては悪くなかったかなと。

Pivo!:時間がただただ過ぎてしまったと。

稲葉:そうそうそうそう。それはもったいなかったし、むこうはしてやったりかな。プレスかけて、時間稼ぎを向こうはちゃんとできたという。オレたちはしたくないのにやられてしまって、でも、それはやり合いなので。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/06/post29847/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント