サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【コートのマドンナ】兵庫県選抜 井野美聡選手

Pivo12011153.jpg

今回はarco-iris所属、兵庫県選抜キャプテン6番井野美聡選手です。

-トリムカップ優勝おめでとうございます。
井野:ありがとうございます!

-トリムカップは2連覇できないというジンクスもありましたが、それを破っての見事な優勝。完勝だったのではないですか?
井野:「予選から何が起こるか分からない」と言っていた監督は、采配について相当考えていたと思います。その中で監督と近い私には「予選リーグ突破はワイルドカードでも良い。大事なのは最終日、予選リーグは我慢しろ」と言われていました。なのでチーム全体に気を配ろうとしていましたが、全国大会という緊張感もあり、また昨年優勝したというプレッシャーもあり、スコアで優勢なのにも関わらず、失点すると浮き足だった場面もありました。あまり自分達ではそういう印象はありませんが、結果的に完勝だったのかなという感じです。

Pivo12011154.jpg

-この大会を通じて徐々にチームがまとまってきたという感じもあるのでしょうか
井野:練習通じていろいろな組み合わせをしてきましたが、やっぱりお互いを信頼する事でチームとして熟成していったような気がします。

-話は変わりますが、もともと井野選手がサッカーを始めたきっかけは何でしたでしょう。
井野:兄が2人いるのですが、2人ともサッカーをしていたのでその影響でサッカーをはじめました。母親に練習に連れられて行って「女子チームあるんだからあなたもやりなさい」と言われたので最初は軽く考えていました。ちょうど少年団に女子が多くいたので女子チームとして活動できました。

-中学以降の環境はどのような状況でしたか?
井野:母親がバレーボールをやっていたのを知っていて自分もやりたいなと思ったので、中学はバレーボール部に入りました。一方でサッカーのクラブチームで人数が少ないから入ってくれないかと誘われ、並行してサッカーも続けました。高校は女子サッカー部のある高校に進学しサッカーに専念しました。大学もサッカーやる為に武庫川女子短期大学に進学してサッカーを続けました。

Pivo12011151.jpg

-その後フットサルをはじめたきっかけは?
井野:卒業後に当時関西リーグにいたINACレオネッサの監督に誘われて関西リーグで1年、Lリーグ2部で1年、なでしこリーグDiv1で1年プレーしました。その後、子供にサッカーを教えたくてフットサル場で働きはじめました。その直後に開催された当時の女子選抜大会のHYOGO OPENに出場してみた所、サッカーと違った楽しみを感じてそのままフットサルにのめり込みました。更に2年目からは現在所属するarco-irisを立ち上げて、一からチームを作りました。

-その後タイに行かれましたね。タイではサッカーとフットサルを両立していたのですか?
井野:タイでは元々半期毎にサッカーとフットサルをやるスケジュールになっていて、1年間で両方プレーしました。

-タイで得た事は何でしたか?
井野:う~ん、やっぱり毎日練習できたという環境が良かったですね。タイも男子がフットサル強いので女子にもフットサルを覚えようという雰囲気がありました。今まで突っ走ってきた感があったので、しっかりフットサルを見つめる事ができた良い期間だったと思います。

Pivo12011152.jpg

-さて今年はアジアインドアマーシャルアーツ大会が韓国仁川で行われます。フットサル日本女子代表の中心選手として抱負をお聞かせ下さい。
井野:まずは選んでもらえるように頑張りたいと思います。現在日本はアジアインドア2連覇しています。前回は連れて行ってもらったという感がありますが、その時の代表の先輩方が自分にとって本当に偉大で、今でも尊敬しています。その先輩方の言葉があったからこそ、フットサルを続けているのだと思っています。偉大な先輩方が築いてきた代表であり、その思いをもっとみんなが感じないと3連覇はできないと思っています。選んでいただけたのなら、試合に出る、出ないより、偉大な先輩方の思いをしっかりと伝える事が重要な事であり、自分の役割だと考えています。

Pivo12011150.jpg

-最後に一言お願いします。
井野:フットサル日本女子代表の活動は皆さんあまりご存知ないかと思いますが、毎年1回海外遠征等の活動をさせていただいています。今後の女子フットサルの為にもアジアインドアで結果を残さなくてはなりません。韓国は近いですし、男子も大会に参加しますので、是非女子フットサルも応援いただけると嬉しいです。

▼過去の「コートのマドンナ」→コチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント