サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【つっちー フットサル場アルバイトの日々】『蔵本店長インタビュー』

おひさしぶりです!こんにちは!
前回の更新からちょっと間が空いてしまいました...
その間、屋外フットサル場の仕事では一番過酷と言っても過言ではない、『雪かき』が何度かありました...
本当に大変な作業なので、このお話もそのうちお伝えできればと思います。

さて、今回は私が勤めている、FUTSAL MOVEMENT SOUTH KASHIWAの蔵本店長にインタビューを決行!
今後、フットサル場で働きたいと思っている方に、参考になればという想いもあり、面接時のポイントなども聞いてみました!
裏話的なものもあるので、フットサル場に勤める予定のない方にも、きっと興味を持って頂ける内容だと思います!

IMG_7230.JPG

つっちー(以下、つ):まず、自己紹介をお願いします。

蔵本店長(以下、店長):フットサルムーブメントサウス柏の店長・蔵本甲人(くらもとかぶと)です。小中高とサッカーをやっていて、大学では遊び程度にフットサルをやっていました。品川で1年、越谷で2年半、柏で2年半フットサル場で働いてきたので、今年がフットサル場勤務7年目です!

つ:蔵本店長はJr.スクールと、月曜日の大人向け初心者クリニックを担当しています。"かぶコーチ"の愛称で親しまれています。それでは早速、質問に入りたいと思います!まず、今までに面接をたくさんされていると思いますが、
フットサル場で働くスタッフの採用のポイントはどんなところを重視していますか?

店長:一番はサッカーやフットサルに興味があるかどうか。受付スタッフだから楽そう、みたいな気持ちで面接に来る人はすぐわかります。

つ:フットサル場の受付と言っても、個サルを回したり、スクールを見たりと、
仕事は多岐に渡りますもんね。本当に受付だけというフットサル場はかなり限られているのではないかと思います。

店長:2番目は人柄です。細かいところを挙げていけば、居住地・勤務可能日・PCスキル・長期で働けるかどうか。例えば大学1年生と4年生だったら長期間働けそうな1年生を優先することが多いです。

つ:大学生だったら早めに面接に行くのが良さそうですね!ちなみに、サウスで働いている大学生のスタッフは、高校卒業と共にサウスに入った感じです。大学の友人なども連れて来て一緒に蹴ったりと、有意義で楽しそうなバイト&学生生活を送っているように思います!PCスキルは、働きたいと思う側からすると意外と見落としがちな点かもしれませんね。高度な技術を求められるわけではありませんが、ブログはもはやフットサル場では当たり前ですし、コート予約やチーム管理など、パソコンの作業もとても多いですね。
ちなみに、私は施設まで自転車で来ることができる距離なので、雨が降っていて、Jr.スクールの幼稚園クラスが中止、バイトも今日はないか~...と思っていた矢先、「雨が止んだから小学生クラスはやります!」と、急にお呼びがかかって出勤、なんていうこともあります。近いからこその対応力!!採用の9割くらいを決めてもらう力になったのではないかと思っています(笑)
では次。面接ではここを見ている!というポイントはありますか?

店長:話し方。服装。目を見て話せるか。言いたいことをしっかり言えているか、です。

つ:この辺りは他のバイトの面接でも通じるものがありそうですね。ちなみに、フットサル場のバイトの面接だからと言って、上下ジャージなどのラフな格好でいいというわけではないと思うので、皆さん気を付けてください!(笑)
ちなみに、履歴書で特に見ているポイントもありますか?

店長:履歴書で言えば自分が持ってきた履歴書に空欄があるかどうかもチェックしています。

つ:空欄!確かに空欄ばかりの履歴書はやる気がなく感じるかもしれませんね...好きなフットサル選手やサッカー選手を書くだけでも、熱が伝わるかもしれませんね!

店長:あとは、字もキレイ汚いはしょうがないことだけど、丁寧に書いているかはチェックします。

つ:本当に働きたい意欲があるのなら、気持ちを込めて書くことが大事ですね!!
では、バイトの面接に来る人の話に。いくつかのフットサル場で勤務していた経験のある蔵本店長ですが、その土地で応募してくる人の特色も違うものですか?

店長:基本的には同じですね。応募が10人いるとしたら、サッカーに興味がある人と、単に受付業だと思ってくる人は7:3ぐらいです。

つ:受付業だと思って来る方の中で、サッカーに全く興味がないという方も面接に来ていたのが私には衝撃でした...。全く興味がないなんてもったいないですよね...フットサルもサッカーも最高に面白いのに......。話が脱線しそうなので、話を戻します(笑)
サウスはオープン当初、何名くらいの応募がありましたか?

店長:70~80人ぐらいの応募があって3名採用しました。

つ:すごい応募数ですね!フットサルの仕事をしたい人はそれだけいるという事ですね。正直な話、面接をしていて、こういう人はちょっとないな...と思う時はありますか?

店長:履歴書に顔写真が貼ってない人。遅刻してくる人。フットサル・サッカーに興味がない人。この辺は即選考外です。

つ:なるほど...。皆さん気を付けましょう!!フットサル場は事前に自分で見ておくことができる場所なので、個サルやクリニックなどに参加して、施設の雰囲気を知っておくのもいいかもしれませんね!
では、面接時、アピールしておくべきポイントはありますか?

店長:とにかくサッカーやフットサルに対する熱い気持ちをアピールした方が良いと思います。勤務可能日が多い人やPCスキルがある人はそのこともしっかりと言っておくべきですね。

つ:この辺のアピールポイントは知っておくと得をしそうですね。
ちなみに、フットサル場の仕事が長続きする人と、そうでない人の違いはありますか?

店長:体育会系のしっかりした環境で競技をしてきた人は長続きしている人が多いと思います。協調性のないタイプの人は長続きしません。

つ:人数の多い職場ではないので、チームワークは大事ですもんね。
フットサル場で働く心得を、社員とバイトの両面で教えてください。

店長:社員にしろバイトにしろ、よっぽどサッカーやフットサルが好きな人でなければやらない方が良いと思います。特にアルバイトスタッフは、給料も良い訳ではないし、拘束時間が長いことも多いし、シフトもかなりランダムです。
サッカー、フットサルが好きで好きでたまらないという方以外にはおススメしません。逆にサッカー、フットサルが大好きな人にとっては、とてもやりがいのある仕事だし、楽しめる仕事だと思います。

つ:その通りだと思います!職場でずっとサッカーの話をしていられるなんて、
サッカー好きには最高な職場です(笑)ただ、外での仕事も多い為、寒さや暑さ、雨や雪に耐えなければいけない場面もあるので、そういう大変さを、サッカー・フットサルが好きというパワーで上回れるかどうかも重要ではないかと思います(笑)
フットサル場で働く上で、楽しいこと、大変なことは何ですか?

店長:楽しいことは、常にサッカーが傍らにある環境なので、プレー機会も多いし、同じ趣味を持ったお客さんとつながりを持てること。

つ:サッカー・フットサルが好きというだけで、仲良くなるきっかけには十分ですよね。話題も尽きることがないかもっていうくらいありますし。

店長:大変なことは拘束時間が長いことと、休日が友人と合わないこと(笑)細かい悩みはたくさんあるけど、総じて仕事が辛いと思ったことはあまりありません。

つ:そうですね、土日は基本仕事!と思っていた方がいいかもしれませんね。私はレイソル戦の日はお休みを頂いてしまっていますが...その反動で、Jリーグのない土日はたくさんシフトに入っています!
では最後に、フットサル場で働く上で、大事なことを教えてください。

店長:やる気です(笑)逆にフットサル場で長く働けるかどうかで、自分がどれだけサッカーやフットサルが好きか測れるかもしれません(笑)

つ:なるほど!!フットサル場で長く働いている人は、みんな実感していることかもしれませんね(笑)
では最後の最後に、サウスの宣伝をお願いします!

店長:子どもから大人までみんなが笑顔になれる施設作りを心がけています!
お近くにいらした際は是非お立ち寄りください!

IMG_7243.JPG
以上、インタビューをお届けしました!
楽しんでいただけたでしょうか??

次回は、実際、面接を経てサウススタッフになったスタッフにインタビュー!の予定です!!

つっちーでした☆


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント