サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017プレーオフFinal Round]ぺスカドーラ町田・本田真琉虎洲選手「シーズンやられたのをやり返そうではなくて、新たな気持ちで迎えました」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017  プレーオフFinal Round
シュライカー大阪 2-3 ぺスカドーラ町田
2017年3月3日(金) 岸和田市総合体育館 観客数:1,485人
[得点経過]
0-1 08分26秒 町田 6 本田真琉虎洲
0-2 11分51秒 町田 6 本田真琉虎洲
0-3 13分49秒 町田 11 室田祐希
1-3 24分41秒 大阪 5 アルトゥ―ル
2-3 27分31秒 大阪 18 田村友貴

 

ぺスカドーラ町田(以下町田)のエースの本田真琉虎洲は今シーズンしれつなメンバー争いの中、12人のいすをなかなか勝ち取れず、勝ち取れても出場時間を確保できず、持ち味であるゴールも例年になくなかなか獲れない苦しいシーズンを送ることとなった。そんな中で大舞台での活躍。この試合は本田の勝負強さ、大事なところで点を決めるストロングポイントが出た試合となった。本田の2ゴールがプレーオフファイナル2日目につなげる。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

 


この試合の最後のプレーは本田のパワープレー返し。このシュートは惜しくもポストに当たりハットトリックは逃すものの、本田の2ゴールの活躍により町田は勝利する。

 

以下は本田真琉虎洲選手の個別インタビュー。

Pivo!:大事な2ゴールを獲りました。試合を振り返ってください。

本田:点が獲れてすごいうれしかったですね。(森岡)薫が試合開始すぐにケガして、オレはまだ町田にいるからと証明できました。今シーズンは自分が思うようにプレーができなくて、苦しんだシーズンでした。その中でこういう大事なところで2点を獲ることができて、サポーターの方にもファンの方にも『オレはまだ町田にいるぞ』って示せたことは、自分にとっては感慨深かったし、ここでチームに貢献できたことは自分としてもすごくうれしかったです。

Pivo!:ゴールまでの流れとしては?

本田:1点目が室田で2点目が滝田からです。

Pivo!:金山選手が「こういう試合では強いですよね。本当に大事なところで大事な点数を獲ってくれる。数ではなくて、プレーオフのときもそうですけど、攻撃だけでなく守備でも強くいけるし、足が出るし走れるしあのメンタリティーはすごいです」といっていました

本田:うれしいね。チームメートはみんな、信じてくれていると思います。(金山)友紀とは10年以上一緒にやってきていますからお互い信頼あります。この前は名古屋戦でのヘディングは友紀しかできない。そういう力もある。チームメートもサポーターも信じてくれていることを感じます。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/03/04/post33617/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント