サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017Final Round]シュライカー大阪・木暮賢一郎監督「優勝しないといけないですから。切り替えて本来の自分たちの姿を出すことがすべてです」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017  プレーオフFinal Round
シュライカー大阪 2-3 ぺスカドーラ町田
2017年3月3日(金) 岸和田市総合体育館 観客数:1,485人
[得点経過]
0-1 08分26秒 町田 6 本田真琉虎洲
0-2 11分51秒 町田 6 本田真琉虎洲
0-3 13分49秒 町田 11 室田祐希
1-3 24分41秒 大阪 5 アルトゥ―ル
2-3 27分31秒 大阪 18 田村友貴

 

 

 

 

 

 

 

 

下馬評ではシュライカー大阪(以下大阪)が初日で決めるという予想も多い中でぺスカドーラ町田(以下)に大阪はリーグでの雪辱を晴らされる。
前半に3失点をし、0-3で大阪はハーフタイムを迎えた。リーグ戦ではバルドラール浦安を相手に3点をひっくり返したこともあったが、町田の集中力とチームの成熟度の高さに大阪の逆襲はカウンターから決めたアルトゥ―ルと仁井のシュートのこぼれ球を押し込んだ田村の2点にとどまった。その後、残り2分50秒で奥田をゴレイロに置いてパワープレーを開始するものの、スコアは動かず、大阪は敗戦。勝負の決着は翌4日のプレーオフファイナル2日目に持ち越された。
「後半に関してはリードされていたというのもありますが、自分たちのよさが出ていたと思うので明日はそこを出すだけです」と木暮監督は話す。
プレーオフFinal Round2戦目、大阪と町田の真っ向勝負の戦いから目が離せない。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は、木暮賢一郎監督佐藤亮選手の記者会見と質疑応答。

試合を振り返って。

木暮賢一郎監督
「こんばんは。今日のゲームはもちろん、1試合目で決めるという気持ちで最善の準備をしてきたつもりでいました。前半と後半では本当に違う姿を見せてしまったかなと。後半のシュライカー大阪というのが本来の姿であって、前半の自分たちは恐らく、今シーズンで1番、出来が悪かったです。やってはいけないエラーであったりが、そういうものがすべて出てしまったかなという。今日の敗戦のすべてかなと思っています」

佐藤亮選手
「試合を振り返ってというよりも、とにかく今は、気持ちの切り替えが必要かなと思っています。今日、悪かったところ、ミスしたところは、もちろんそこから学ばないといけないですが、いい意味で今日の試合を忘れて、明日の試合に備えたいと思います」

 

以下は木暮賢一郎監督の個別インタビュー。

Pivo!:改めて敗因について。町田とリーグでの対戦成績は圧倒していました。

木暮:前半のところがすべてかなと。

Pivo!:足りなかったところとしては?

木暮:失点の仕方ですね。マークのエラーというところです。対して相手はフィジカル的にもゲームのリズム的にもよかったですが、失点に関しては自分たちのエラーが3つ重なってしまいました。

Pivo!:森岡選手が出てきませんでした。2つのやり方があって両方ともしっかり準備はして来たと思います。そこに関しては影響は特にありませんでしたか?

木暮:そこは関係ないと思います。リードされれば、4枚のセットは前から僕らが前がかりになる分には彼らのプレースタイルには合うと思いますが、後半失点はしていないので。

 

続きはこちら→ https://www.targma.jp/pivoplus/2017/03/04/post33576/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント