サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

新コラム「フットスクエア森田店長の日々徒然」アルバイト審判に求められる資質とは?(1)―レベルの低いフットサル大会は審判のレベルが低くても大丈夫?

みなさんこんにちは。フットスクエア江東・森下、店長の森田です。
初めてデジタルピヴォさんに投稿させていただきます。日本屈指のフットサル情報サイトさんゆえ、協会の方から当店のお客様方まで様々な方がお読みになられてることとは存じますが、どうぞお手やわらかにご清聴いただけたらと思います。

foot1.jpg 今回はフットサル大会の中でのアルバイト審判についてお話させていただこうかと思っており、まずは当店の運営について自 己紹介がてら簡単に説明いたします。当店は「フットスクエア江東・森下」という名前のフットサル施設として運営しておりますが、そのへんは幾分名ばかり で、施設自体はフットサル、野球、テニスと3つのスポーツができるようにできています。複合施設と言ったらわかりやすいでしょうか。WEB上ではもっぱらマーケティングのためにテニス、野球とは関係なく「フットスクエア江東・森下」というフットサル施設として紹介しておりますが、施設には社名を用いた「サマディ江東・森下」という立派な名前がついていてそちらをご愛用していただくことも多いです。

 そして今回説明させていただくのはアルバイト審判についてです。当店のアルバイトの子達は大学生が中心で、ほとんどが審判のライセンスを持っていません。ま た、複合施設ゆえにテニススクールや少年野球のスクール運営のお手伝いもしてもらいたいということもあるからか、困ったことに審判経験者の応募や審判やっ てみたい!という子が年々少なくなってきてしまっています。そんな状況に置かれワンデイフットサル大会の審判をしようという子にフットサルのルールを 1(いち)どころか0(ゼロ)から教えていく中で、何から教えてどこに優先順位を求めるべきなのかというのを自分なりに考えてきたことをまとめてみまし た。同じような仕事にしている方がちょっとでも参考にしてくれたら嬉しいです。

(1)レベルの低いフットサル大会は審判のレベルが低くても大丈夫?

 この辺は競技フットサル中心でやられている方からするとどんな審判でも大丈夫っしょ?と思われるところがあるなような気がしますが、今までやってきた結論か らいうと、条件付きで「8割は大丈夫、2割は全然ダメ」というところでしょうか。条件付きというのは民間のワンデイフットサル大会でもレベルを高く募集す れば都リーグ1部のチームが紛れ込んでこられたりもするので、一般に考えられる審判技術は必要なことが多いです。よって高いレベルの募集は対象外、あくま でワンデイでも「レベルの低いフットサル大会」での募集でということですね。

foot2.jpg
 そういったレベルの低いワンデイ大会ではラフなプレーがほとんどないチームさんというのは数多く出てこられます。そういうチームさん同士のゲー ムは大半が和気あいあいとしていて、審判の仕事はほとんどないか、ゲーム中にゴールクリアランスの説明をする程度しかこれといった出番がなかったんじゃ? という感じで進んでいきます。なので審判のレベルが低かったところで結果的にその日のゲームの「8割は大丈夫」で終わってしまいます。そして往々にしてレ ベルの低い審判は、全部が全部そういうチームさんであってほしいという期待をしがちです。―「2割は全然ダメ」になってしまうのは「8割は大丈夫」に甘んじてしまうがゆえに起こりがちです。

 「8割が大丈夫」に甘んじてしまうと、その日に参加した、和気あいあいよりは無理してでも勝ちたい!というタイプの1チームさんに期待が裏切られることは少なくありません。決 して和気あいあいな雰囲気を壊すチームさんに出場してほしくないということでなく、雰囲気が壊れたのがそのチームさんのせいだということでもありません。 そういったチームさんは、たんにタックルの方法を知らなかったり、ルールの理解が足らずにゲームに夢中になってしまいます。その結果として相手チームが楽 しくなくなってしまったり、ファウルの応酬になってしまうゲームになるというパターンがほとんどです。この辺を解決するにはワンデイ大会向けの審判技術み たいなものがもあるのですが、その前に「8割は大丈夫」の気持ちをいかに抜いてもらうか。そこが「2割は全然ダメ」にならないための最初のステップだと考えています。

 一方で、考え方によっては経験の浅い審判に任せておいて、大会の「2割は全然ダメ」な雰囲気のゲームでも仕方ない、「8割は大丈夫」なんだしあとは運営がフォローする!ということも可能もしれません。ご判断は読者の方にお任せいたしますが、このコラムではアルバイト審判で運営してきたことを少しずつまとめていきたいと思います。

 協会の方には誠に僭越なお話をさせていただいてしまっているかもしれませんし、何より当店の大会に参加していただいたチームさんで審判の仕事がに納得がいかなかった方にとっては不快な文章かもしれませんが、何卒あたたかい眼差しで見つめていただけたらと思います。

次回は>>>アルバイト審判に求められる資質とは?
(2)―ワンデイ大会の参加チームは選手?お客様?
※「フットスクエア森田店長の日々徒然」は原則隔週火曜日更新となります。


■著者プロフィール■
森田 真一 1979年生まれ。紆余曲折あったあと、2009年12月からフットスクエア江東・森下ショップリーダー(店長)。

Twitter:
@Shinichi_dingo (森田 真一)
@FOOTSQUARE_mori (フットスクエア江東・森下)
foot4.jpg
 
 
 
 
 



■フットスクエアのフットサル大会■
「今週も、フットサルで集 まろう」をテーマに、フットスクエア江東・森下では毎週土日にフットサル大会を開催しています。そしてオンリーワンのフットサル大会をめざし、様々な企画 大会を提案しています。焼肉屋の牛角さんとコラボした『ぎゅーかくかっぷ』、勝てなかったチームだけを集めた『勝ちたいんや』、プレー時間70分を追求し た『けりまくり007(セブン)』『勝つまで帰れま10(テン)』などなど。たくさんの楽しみ方がつまったフットサル大会にぜひお越し下さ い>>詳しくはコチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント