サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[Fリーグ2016/2017第16節]府中アスレティックFC・谷本俊介監督「府中はできると改めて思えた試合でした」

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第16節
府中アスレティックFC 2-0 フウガドールすみだ
2016年10月29日(土) 郷土の森府中市立総合体育館 観客数:1,029人
[得点経過]
1-0 09分10秒 府中 5 皆本晃
2-0 37分10秒 府中 25 完山徹一

 

中断明け直前、小田原セントラルにて5連敗をストップさせた府中アスレティックFC(以下府中)。
中断明けの3試合は2勝1敗。なかなか連勝ができない状況ではあるが、リベンジマッチと称したフウガドールすみだ戦、ホームで勝利を飾った。
中断前、連勝ストップをしたとき、当サイトのインタビューにて谷本監督は「目標の下方修正はせずに、中断明けに生まれ変わった府中を見せれるように頑張りたいなと思います」と語ってくれた。
府中の巻き返しがこれから始まる!? そのターニングポイントとなる試合にこの試合はなるのかもしれない。そういう可能性を感じさせた試合であった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

谷本俊介監督はフウガドールすみだ戦の記者会見で以下のように語った。
「お疲れ様でした。今日のゲームはリーグの中の1試合ですが、1つリベンジマッチというテーマを持って試合に入りました。その意味は、1巡目では相手のホームで0-4とを無得点で負けるという屈辱を味わいましたし、昨年、一昨年にさかのぼればうちのホームでも屈辱的な敗戦を味わわされたので、何とかその借りを返したいという意味で、決してベストゲームと呼べないかもしれませんが、選手にはベストファイトを見せてもらえたと感謝しています。ただ、リーグ戦ということに立ち返ると、この1勝というのは大きいですし、また上位争いが第三者としてもおもしろくなったのではないかと思います。もちろん、理想としては我々もそこに食い込んでいかなければならないですが、今日のようなゲームを続けていけば上位争いにも食い込んでいけると思うので、今日勝ったからといって喜び過ぎずに、次はホームで浜松さんとできるので、そこも勝ってうまく波に乗っていけるように頑張りたいと思います」

 

Q:リベンジマッチとのことですが、すみだにどのように臨んだのか。また皆本選手のゴールはチームとしての狙っていたか、というよりは個人のひらめきでしょうか?

谷本:まず簡単なので、2つ目の質問からお答えします。見ていなかったです。僕がパッと見たときにはボールがゴールに入りかけていました。皆本選手のとっさの判断だと思います。揚石選手はここ最近試合に出ていなかったので、こういうふうなことがあるぞとは伝えていませんでしたし、むしろ、大黒くんの特徴ばかりを伝えていたので、彼のタレントいうか、オリジナリティーが出た場面ではないでしょうか。
1つ目の質問ですが、すみだに対してですが、まず攻守の切り替えで相手に負けないこと。2つ目に相手がスピードを生かしてプレスを回避してくるだろうというところの、裏へのケア。守備面で言えば、清水和也選手、太見選手、それから、ボラ選手もいると思いましたが、その3選手のついてはボールを入れられてしまうと厳しくなるので、前でインターセプトをどんどん狙いにいこうと。前半に関してはそれができていましたが、後半はちょっとうまくはまらなかったなという印象はあります。次に走り込んで来る選手のマークのケアに対応をして、あとは、クイックリスタートを始めてくるので、そこのケアもしっかりとしようという話にしていました。攻撃に関しては、相手がかなり圧力を持ってプレスをかけてくるのですが、そこは逃げずにどれだけ我慢強く、今やっているやり方でボールをつないで、相手コートに運べるかというところをテーマにしていました。試合ですが、成長のためにも、難しくてもチャレンジしていこうという姿勢でやっていましたが、やはりそれでなかなかうまく回避していくのは難しかったですね。そこは相手とのやり合いなので、今日はどちらかというと相手の方がクオリティで上回っていたんじゃないかと思います。そこのクオリティが成長して上回ってくれば、もっと自分たちの攻撃の時間が増えて逆に守備の時間を減らすことができてくるでしょうし、今日のようなゲームを避けることができるのではないかと思います。きれい事をいうとそういう話なんですけど、最後は相手に押し込まれたとしても最後、守備のところで粘ってクロモト選手を中心に守れたということ。すみださん今シーズンゼロ点というのは初めてだったのではないですかね。府中のポテンシャル、実力を改めて証明できたと思います。それを常に続けていけるように、また、高めるところは高めていけるようにやっていきたいと思います。

 

以下は谷本俊介監督の個別インタビューとなる。

Pivo!:中断前に難しいことにチャレンジしていることの話が出ていました。

谷本:自分たちのボール回しで課題が残るなと。発想は悪くないとは思うのですが、ポジショニングだったり、取り方がまだまだ詰めていかないといけないです。相手のパススピードに対して、球離れだったり、あとはちょっとした判断だったりでつまってしまうことが結構あったので、それがもっともっとスピードが上がってこないとと思います。戦術は魔法の杖ではないので、技術あっての戦術なので。技術面をもう少し上げていかないと、今やっている戦術は難しいのではないかなと。ただ、そういう技術を助ける部分もあると思うので、練習の中では選んでるチョイスは悪くないなと思うことが多々あります。紅白戦ではなく、違う相手とやったときにどこまでできるかゲームで試さないといけないなと。目の前の勝負だけでなく、我慢もしないといけない部分もあるので。それがある意味最後我慢できたところにもつながったのかなと思います。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/03/post29700/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント