サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[ピヴォチャン2016]岩手予選はBoAvientoが2年連続で全国大会出場決定!

大会2連覇を果たしたBoAviento。予選リーグで敗れたConqistador Sakataにリベンジを果たしての優勝だった。

 

準優勝のConqistador Sakata。3勝1分けとダントツの成績で予選を通過しただけにこの結果は惜しまれる。

 

3位のD・M・E-Admirar。

 

4位のSanta CRuuZ。

 

cross coloursサテライト。

 

cross colours。

 

UNICROSS。

 

ESPERANZA。

 

BONGOBESSO。

 

大宮フットボールクラブ。

 

SOL de ESPANA。

 

■大会名:『全国の精鋭よ、高い舞台へ這い上がれ!! F-CHANNEL Pivo! Champions's Cup 2016』岩手県予選
■開催日:2016年3月6日(日)
■会場:滝沢総合体育館(岩手県)
■大会運営:エフスポ http://www.fmode-sports.jp/
■特別協賛:F-CHANNEL http://f-channel.net
■主催:デジタルピヴォ! http://www.pivo.co.jp/
■大会HP:http://f-channel.net/pivo2016/index.html

 

■大会結果

 

■マッチレポート

前年を上回る盛り上がり
岩手県内外の地域リーグ中心に11チームが参戦

昨年に続き、今回で2度目となるピヴォチャン岩手予選。
昨年の8チームから今年は11チームに増え、岩手県内外の地域リーグに所属するチームを中心に熱い予選が開催された。

厳正なる抽選の結果、予選Aブロックの注目は岩手県リーグの雄、昨年3位のD・M・E-Admirar。
センスと個の力を武器に前回のリベンジに燃える。
予選Bブロック注目は前回優勝の2連覇を狙うBoAviento。
そして、クルマで片道3時間をかけ参戦した山形県リーグ所属のConquistador Sakata。
是が非でも全国行きの切符を持ち帰りたいところ。

D・M・E-Admirar、Santa CRuuZも準決勝進出

予選Aブロックは大方の予想どおり、D・M・E-Admirarが危なげなく無敗で1位通過を決める。
続く2位のイスは得失点差でcross coloursサテライトを振り切りSanta CRuuZが準決勝へ駒を進めた。
予選BブロックはConquistador Sakataが予想を超える無敗無失点の成績で堂々の準決勝進出。
点差が開いてもブレない丁寧な守備は、全国大会行きに向けた強い意志を感じさせた。
準決勝進出もう1枠はConquistador Sakataに唯一敗れたものの、BoAvientoが3勝1敗で2位となり、連覇の可能性を残した。

準決勝第1試合、D・M・E-Admirar対BoAviento。

共に個の能力が高いチーム同士、試合は激しい意地のぶつかり合いとなる。
一進一退の攻防が続くが、BoAvientoが常にリードする展開。
何としても追いつきたいD・M・E-Admirarだったが、7分ハーフで奪われた2失点はあまりにも大きかった。
無情にもそのまま試合終了の笛が鳴り、BoAvientoが2連覇に王手をかけた。

準決勝第2試合は、Conquistador Sakata対Santa CRuuZ。
ここまで無失点の戦いで勝ち上がってきたConquistador Sakataは、準決勝でも堅実な守備が光る。
Santa CRuuZはボールをキープするが、なかなか得点チャンスまで至らない。
お互いにチャンスが少ない中、貴重な先制点を奪ったのはConquistador Sakata。
最後までその1点を守り切ったConquistador Sakataが、なんと無失点で決勝まで駒を進めた。

足が止まり始めたConquistador Sakata

全国大会への切符を懸けた決勝戦は奇しくも予選同ブロック同士の対戦。
予選ではConquistador Sakataが3-0でBoAvientoを圧倒している。
しかし、BoAvientoは尻上がりに体のキレ、プレースピードが増している。
対して今大会FP6人で臨むConquistador Sakata。すでに5試合を消化し、影響が気になるところ。
BoAvientoの攻撃力とConquistador Sakataの守備力、果たしてどちらが上回るのか。

立ち上がりからBoAvientoがエンジン全開。
堅い試合になるかと思われたが、BoAvientoが完璧なシュートパスとファー詰めから早々に先制。
その勢いは止まらず、さらに追加点を決め2-0とする。
このままでは終われないConquistador Sakataも1点を返し1点差と詰め寄る。
2-1BoAvientoのままお互いにチャンスをものにできず時間が経過する。
次の1点をどちらが奪うかで展開が大きく左右する。
少し足の止まり始めたConquistador Sakataに対し、完璧にメンバーをそろえてきたBoAvientoの勢いは衰えない。
耐えながらカウンターを狙うConquistador Sakataだったが、BoAvientoが貴重な3点目を力ずくで奪い取る。
その後、終了間際にConquistador Sakata1点差に戻すが、すぐにタイムアップ。
予選リーグのリベンジを果たしたBoAvientoが2年連続で全国大会出場を決めた。

 

■優勝コメント
BoAviento moriokaチーム代表・下越田 賢(しもこえだ けん)さん。
「岩手予選2連覇できてとてもうれしいです。
来季は東北フットサルリーグ2部北に昇格するので、全国大会でもそれに恥じないプレーをしてきたいと思います。
まずは全国大会の予選グループ突破を目標に頑張ります!」

 

まとめ◆エフスポ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント