サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

ホームでFリーグ初ゴールを決めた宮崎貴史(ぺスカドーラ町田)の現在地

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第4節
ぺスカドーラ町田 5-0 ヴォスクオーレ仙台
2017年7月1日(土) 町田市立総合体育館 観客数:856人
[得点経過]
1-0 03分07秒  町田 3 森谷優太
2-0 07分46秒  町田 11 室田祐希
3-0 14分48秒  町田 10 中井健介
4-0 18分34秒  町田 19 宮崎貴史
5-0 28分16秒  町田 7 金山友紀

 

 

ぺスカドーラ町田の宮崎貴史選手が第4節でFリーグ初ゴールを決めた。
2008年~2012年6月までアズヴェール藤沢、2012年7月~2014年ブラックショーツに在籍をし、2015年にぺスカドーラ町田アスピランチに移籍をした。トップに上がることを目標にした中での移籍であった。
1年でトップに昇格を果たし、2016年よりぺスカドーラ町田であったが、出場機会に決して恵まれたわけではなかった。
今シーズンは2年目。今節は1stセットの5人目として試合に出場をした。
岡山監督は宮崎選手に対して「頭の回転も速く、技術も高いので、いいプレーをしてくれていると思います。ホームで点を獲ったことでさらに自信を深めてくれたと思うのでこれからさらに期待していきたいと思います」と記者会見で語った。アスピランチへ入団直後、当サイトのインタビューにて「応援してくださっているSPORTS JUNGLE 10(スタッフとして働く横浜のフットサルコート)のお客さんだったり、サポーター、ファンの方々のためにも活躍したいと思っています」とファンに対してメッセージをおくっていたが、本人のみならず関係者にとっても待望の初ゴールとなった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

 

 

 

以下は宮崎貴史選手の個別インタビューとなる。

 

 

Pivo!:Fリーグ初ゴールでした。改めて今の気持ちを教えてください。

宮崎:みんながお膳立てしてくれてゴールを決めることができました。この成瀬の町田ホームで決めることができてよかったです。

Pivo!:記者会見で森岡選手がいってましたが、前節から宮崎選手に獲らせようという動きはあったのですか?

宮崎:薫さんが「お前に点を獲らせるよ」とパスをくれる約束をしてくれて、そういうパスもあったのですが、決めきれずに。去年からそういうのが多かったのですが、やっと決められてよかったです。僕がまだFリーグで決めれていなかったのでそろそろ決めろよという感じでした。

 

続きはこちら→ http://www.targma.jp/pivoplus/2017/07/02/post37128/ (デジタルピヴォ!プラス)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント