サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

【緊急検証】「フットサルの50%はゴレイロで決まる」→日本のゴレイロは世界に通用するのか?

『デジタルピヴォ!plus』(フットサル100%の有料WEBマガジン)からの引用です。

a_20121026.jpg

ブラジル代表の正ゴレイロ、チアゴ。ワールドカップ日本戦ではキャッチングから相手ゴール前にいる味方ピヴォに長いグラウンダーのパスを入れる驚愕のプレーを披露。ゴレイロが攻撃の起点になり得ることを証明してみせた。(写真はいずれも10月26日のFリーグ東選抜×ブラジル代表戦から)

文◆川北裕大

写真◆勝又寛晃

▼カズだけではなくゴレイロにも注目を!!

ブラジル代表が来日し、Fリーグ西選抜と試合をし、日本代表との試合をこなし、Fリーグ東選抜と試合をした。

3試合ともにチケットは完売し、注目度の高さをうかがわせた。しかし、報道されるのは日本代表の"カズ"こと三浦知良のことばかりだ。会場で見ていた人の多くもカズやファルカンに注目していたことは間違いないだろう。

そこでデジタルピヴォ! plusでは、「フットサルの50%はゴレイロで決まる」といわれるようにフットサルにおける最重要なポジションといっても過言ではないゴレイロに注目してみた。

筆者は日本代表戦、Fリーグ東選抜戦と2試合を見たなかで感じた世界との差は何なのかについて少しマニアックな視点で書いてみようと思う。

突然、降って湧いたような"フットサルワールカップ狂想曲"だが、浮かれることなく確実に歩を進めるための検証となれば幸いだ。

▼あくまで日本は日本のリズムで

まずは民族性の違い。民族性といったら大袈裟かもしれないが、リズムの違いといったところ。

ブラジル人の持つリズム、"ジンガ"という言葉を聞いたことがあるだろうか。これはもともとカポエイラという格闘技のステップの1つなのだが、サンバのステップはこのジンガを速めたものとされている。このジンガというリズムがブラジル国民にとってのリズムであり、プレーするブラジル人選手たちは世界でも独特なリズムだといわれる。日本代表とブラジル代表の試合を見た人は感じたかもしれないがブラジル代表は非常にやりにくそうにしていた。

続きは→[緊急検証]日本のゴレイロは世界に通用するのか?(デジタルピヴォ!plus)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント