サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

[U-15関東大会]malva ibaraki fcU-15・浅野智久監督「守備も最大の攻撃」

image
優勝はならなかったが全国大会出場を決めたマルバの浅野監督。試合の内容からOBの話に至るまで存分に語り尽くしてくれた。

 

第20回全日本ユース(U-15)フットサル大会
2014年11月22日、23日 宇都宮市清原体育館
主催:関東サッカー協会
主管:関東サッカー協会フットサル委員会、栃木県サッカー協会

まとめ◆川北裕大

 

▼守備ラインの間にスローを入れられた

―準優勝という結果でしたが振り返ってください。
「まあ、勝ちたかったですけどね。でも全国は決まっていたので、勝ちたいのと試したいこともあって。そこがここぞの負けの原因になったのかなと。チームとしてどの試合も全員出すというような感じでやっていて、そこがうまくいかなかったかな。PK取られたときとかも交代した中でそういった事態が起きてしまって。今年に限ってはあまり練習もできていなくて全国までには練習したいなと。そんな中で前からいく守備とマンツーとゾーンの3つの使い分けを試したいなと思っていて。フウガ戦はこっちもラインを下げてハーフから昔のマルバのダイヤの守備をやってみて。それで一度全国優勝しているのでできるようになりたいなって。いろいろ試せたのでよかったんですけど、その間に2点やられてしまったので。やっぱり逆アラの締めが甘くてやられちゃった。PK取られちゃったことで疲れがピークになってしまったかなって。(決勝の相手の)前橋のほうが前の日から点差にしても楽に試合を進めてたからフレッシュな感じがありましたよね」

続きは [U-15関東大会]malva ibaraki fcU-15浅野智久監督「守備も最大の攻撃」 (デジタルピヴォ!プラス」)


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント