サッカーファンのためのフットサル情報サイト デジタルピヴォ!

ピヴォ! ニュース記事

「フットスクエア森田店長の日々徒然」アルバイト審判に求められる資質とは?(3)―アルバイト審判が誤審しました!どーする?

みなさんこんにちは。森田です。

年度末でいろんな人に会いまして、ありがたいことにこのコラムの感想をたくさんいただきました。結局いちばん多い感想は、すげーニッチな話だよね的なやつなんですが、こちらとしては「これからニッチな話するよ」って断ってから始めてるるつもりではあるんですけどね。
それでも気が小さいゆえ気にしちゃってるので、今回はちょっとポップな方にシフトしたつもりでお送りしたいと思います。

(3)―アルバイト審判が誤審しました!どーする?
 
 審 判て誤審しますよね。ほんと。世間的に審判ていうのは誤審する存在なんですよね。というのはサッカーやフットサルに限らずどんなスポーツの審判にとって既 知の話ではあるのですが、それは審判のミスが与える印象がそれ以外のたくさんの判断よりも強烈だからゆえなわけです。

 ア ルバイトで審判をする子も少なくとも何らかのスポーツのいち観客であるので、いざ自分が審判をするとなったら、誤審に対していろんな感情を抱いてしまうも のです。審判をする上で、選手に誤審と主張されたらどう振る舞うのか、自分の誤審に気づいたときにはどう行動するのか、誤審にまつわる話をしたいと思いま す。

sinnpan.jpg
・審判の決定にとって超重要な2文
 
 フットサルの競技規則にもサッカーの競技規則にも、審判の決定について競技規則第5条に書かれている大事な文があります。
 

「プレーに関する事実についての主審・第2審判の決定は、得点となったかどうか、また試合結果を含め最終である。」(フットサル競技規則第5条)

要するに審判が決めたことは変わらないってことですね。これは多くの人にとって先天的には理解し難い決め事だと思われ、ひとたび審判がミスをするとここでは口にするのも憚られるような罵詈雑言をテレビに向かって吐いてしまう人がたくさんいます(自分を含め)。

 この文の意図がなんなのかという議論は時間が有り余るときの機会に譲りたいと思いますが、アルバイトの審判であれこの規則にしたがい、自分以外の誰にも変えられない決定を行っているという重い十字架を背負わなくてはなりません。

 しかし競技規則には、上の条文に続き次の文が書かれています。

「プレーを再開する前、または試合を終結する前であれば、主審・第2審判は、その直前の決定が正しくないことに気がついたとき、また、主審・第2審判の裁量によって副審の助言に基づき、決定を変えることができる」(フットサル競技規則第5条)

 これはゴールがあったらキックオフの前、ファウルががあったらフリーキックの前に、やっぱゴールじゃなかった!っていうことも審判はできる、ということです。

 もちろんそうしてしまうことで、審判が一定の信頼を失うことを可能な限り考慮すべきなのですが、この文には「審判が100%正しいとは限らない」ということと、「それでもできるだけ(決定を覆しても)真実に近づくべきである」という意図が込められています。

ひとつひとつの決定は重い、しかし下した決定を覆してでも正しい決定をしなくちゃいけない、これが審判にとって必要不可欠なメンタリティであります。この辺をなんとか噛み砕いて、誤審と向き合うメンタリティをアルバイトの子に伝えて行くわけです。

fukei.jpg
・ミスを覆せるか、その後をどう補うか

一度下した決定を覆すというのは勇気のいる行為です。だいたいからにワンデイのフットサル大会ではほとんど事実の真偽を検証する術はなく、 それゆえ検証が必要な判断をともなう決定はほとんど闇に葬られてしまうので、決定の間違いが明るみに出てくることの方が稀なわけです。

にもかかわらず決定を覆せるようになったら、審判としてはひとつの壁を乗り越えたと言えます。また、覆したということを選手に受け入れてもらうには、笑ってごまかしたり、素直に謝ったり、審判の固有の能力で切り抜ける必要がでてきます。

実際的には規則に反しない限りでピンチを切り抜ける能力こそが、アルバイト審判に備えていってほしい能力だったりするわけです。

ぜんぜんポップな話じゃなかったね、という感想をお持ちの方から心の中で目をそらしながら、次回以降にその話題は譲りまして今回は終わりにいたします。

■著者プロフィール■
森田 真一 1979年生まれ。紆余曲折あったあと、2009年12月からフットスクエア江東・森下ショップリーダー(店長)。
Twitter:
@Shinichi_dingo (森田 真一)
@FOOTSQUARE_mori (フットスクエア江東・森下)
foot4.jpg

■フットスクエアのフットサル大会■
「今週も、フットサルで集 まろう」をテーマに、フットスクエア江東・森下では毎週土日にフットサル大会を開催しています。そしてオンリーワンのフットサル大会をめざし、様々な企画 大会を提案しています。焼肉屋の牛角さんとコラボした『ぎゅーかくかっぷ』、勝てなかったチームだけを集めた『勝ちたいんや』、プレー時間70分を追求し た『けりまくり007(セブン)』『勝つまで帰れま10(テン)』などなど。たくさんの楽しみ方がつまったフットサル大会にぜひお越し下さ い>>詳しくはコチラ


オススメ大会情報

オススメ個人参加

ピヴォ!最新コメント